2021年 10月 26日 (火)

「大好きなクリエーターを応援できる」 Twitter新機能「課金フォロー」が話題、一方で懸念も...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   米ツイッター社は2021年2月25日の経営戦略説明会で、フェイクニュース対策やニュースレター配信などの新機能を発表した。

   日本でひときわ注目を集めているのが、フォロワーに月額課金を課すことができる「SUPER FOLLOW(スーパーフォロー)」機能だ。

  • スーパーフォローの概要図
    スーパーフォローの概要図
  • スーパーフォローの概要図

「有料ファンクラブ」が作れる

   米ツイッター社は、健全性向上、既存機能強化、コミュニケーション手段の多様化といった3つの観点にもとづき、実装予定の新機能(試験導入済み含む)を数多く発表した。

   招待制音声SNSアプリ「Clubhouse」の対抗馬となる音声チャットルーム「SPACES」や、ニュースレター配信サービス「REVUE」、"ネコ""ゲーム"など特定のテーマに関するコミュニティーに参加できる「COMMUNITIES」、誹謗中傷やスパムのようなツイートを送ってくるユーザーを自動的にブロック、ミュートする「SMARTER SAFETY」、真偽不明の投稿に対して、メモで疑義を呈することができる「BIRDWATCH」などを明らかにした。

   中でも日本で高い関心が注がれているのが、「SUPER FOLLOW」機能だ。ユーザーが、フォロワーに月額課金を課すことができ、会員にはサポーターバッジの付与やコミュニティーへの参加権などの特典がある。デモ画面では月額4.99ドル(約520円)と表示されている。

   米ツイッター社は「課金を必要とするクリエーターやパブリッシャーが、ユーザーから支援が直接得られるようになる」と説明している。

   発表を受けてツイッターでは、

「今流行りのオンラインサロンを簡単にできますよって感じかな?」
「これは良い!大好きなクリエーターを応援できる」

と期待感をうかがわせる反応が多数寄せられている。

   一方で、

「過激な動画などを配信して稼ごうとする迷惑系YouTuberみたいな人が出てきそうで怖い気もします」
「デマ流してる人が金を稼ぐのに使われるのでは?と思ったりする」
「パクツイをスーパーフォローで公開するやつが沢山出ると思ってる」

と懸念も漏れている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中