2021年 4月 23日 (金)

JR函館線「コロナ運休」が深刻化した背景 ローカル線の苦境が原因?識者の見解は

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   JR北海道の函館線で、社員の新型コロナウイルス感染により列車の大規模運休が発生している。

   保線担当社員の感染確認をきっかけに、通常ダイヤの半数以下の運行本数しか確保できないエリアが生じた。鉄道職員のコロナ感染はあっても、これほどの運休に至ったケースは初めてだが、なぜ大規模運休にまで至ってしまったのか。

  • ローカル区間であるが、大半の列車が運休に(画像はイメージ)
    ローカル区間であるが、大半の列車が運休に(画像はイメージ)
  • ローカル区間であるが、大半の列車が運休に(画像はイメージ)

15時以降は「全列車運休」

   JR北海道の発表によれば、2月25日と28日に倶知安保線管理室(虻田郡倶知安町)に勤務する保線担当社員の感染が確認された。この社員と休憩場所や宿泊施設を共用していた運転士ら多数の社員がPCR検査を受ける必要が生じたために、函館線の小樽~長万部間で2月28日から列車の運休が発生した。倶知安は折り返し列車なども設定される同区間の拠点である。

   この小樽~長万部間は列車本数の少ないローカル区間であるが、3月1日は上下とも午前中の約半数の列車が運休、15時以降の時間帯は全便が運休という異例の事態になった。また3月2日は、低気圧接近の影響で当該区間の終日運休が発表されている。

   3月1日にJ-CASTニュースがJR北海道に取材したところ、運休の原因は検査対象者が多く発生したこと、また検査対象の社員は陰性が確認され次第復帰するが、業務への復帰時期や通常ダイヤに戻る目途については不明とのことだった。

   同社鉄道部門において新型コロナ感染者が発生したのはこれが初めてではなく、札幌都市圏などで乗務員が罹患する事例があったが、大規模な運休には至らなかった。今回生じた函館線の事例は感染社員が他部門と施設を共用していたため、乗務員にも検査対象者が多く出てしまったことが不運になった。

   背景には、限られた人員と施設で運行を維持しなければならないローカル線区特有の事情が考えられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中