2021年 4月 24日 (土)

渡部建に寄せられ始めた「同情」 「豊洲でバイト」めぐる報道で「もう許してやれ」「気の毒」の声

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん(48)に対する世間の風向きが変わってきた。そのきっかけはもちろん、本人の豊洲市場でのアルバイトだ。

   渡部さんが同所で働いていることは2021年2月20日に日刊大衆が報じ、その後22日にはスポーツニッポンも報道した。これらの報道が出た時点では、ネット上には「豊洲市場で働くことが禊ぎになるの?」といったツイートが続出するなど、相変わらず不倫による活動自粛中の渡部さんへの世論は強硬なものだった。だが、その後、空気は少しずつ変わり始めているのだ。

  • 渡部建さん(2020年撮影)
    渡部建さん(2020年撮影)
  • 渡部建さん(2020年撮影)

「もう許してやれや」「いつまでも彼の過ちを攻める事はない」

   25日には女性セブンが市場関係者の話として、ウニを並べる姿が「サマになっていた」と語っていたと報じたほか、同日の「週刊文春」は、渡部さんが働く市場内の魚の卸売り店の社長から聞いた話として「こんなに一生懸命やると思わなかった」と、その働きぶりを評価していたと報じた。これらの報道に対し、ネット上では「もう許してやれや」「いつまでも彼の過ちを攻める事はない。反省の顕著さは認めるべきだ。復帰だって反対ではない」(原文ママ)といったツイートが出始めるなど、徐々に、渡部さんに同情的な声が出始めて来たのだ。

   ただ、週刊文春の報道では併せて、その労働が「週1で1日8時間」であるとも伝えられていた。このため、「渡部って毎日豊洲でバイトしてるのかと思ったら週に一日だけかよ ただのバイトしてますってポーズじゃん」といった厳しいツイートが散見されたことも事実だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中