2021年 7月 29日 (木)

加藤シゲアキの吉川英治文学新人賞受賞で気になる「水嶋ヒロ」の現在 インスタに見る充実の「家庭生活」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   NEWSの加藤シゲアキさん(33)が2021年3月2日、小説「オルタネート」(新潮社)で「吉川英治文学新人賞」を受賞した。芸能人の文学賞受賞とあって大々的に報じられているほか、加藤さんのファンからは「すごいよ!! 誇りに思います! 本当におめでとう」といった声がネット上に続々と上がるなど、祝福の声一色と言った状況だが、そのような声に交じって「で、水嶋ヒロ今何してんの?」といった声も上がっている。

   水嶋ヒロさん(36)といえば俳優として知られているが、その水嶋さんの名前が加藤さんを祝福する声に交じって上がるとは、一体どういうことなのだろうか。

  • 水嶋ヒロさん(2010年撮影)
    水嶋ヒロさん(2010年撮影)
  • 水嶋ヒロさん(2010年撮影)

文学賞を受賞していた水嶋さん

   今をさかのぼること10年強。2010年11月1日に第5回「ポプラ社小説大賞受賞」が発表され、齋藤智裕なる人物が大賞を受賞。大々的に報じられるなどしたが、その人物が水嶋さんであることが、朝日新聞などのスクープで明らかになった。同年9月に所属事務所を退所していた水島さんは、1日に開かれた記者会見に出席。齋藤智裕が自身の本名であることを明かしつつ受賞の喜びを語るなどしたため、世の人々を驚かせる文学賞受賞となったのだ。

   というわけで、加藤さんが「吉川英治文学新人賞」を受賞したことで水嶋さんを連想したこれらの人々は、「芸能人の文学賞受賞」という共通点から水嶋さんを連想したということが分かる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中