2021年 8月 3日 (火)

コロナワクチン接種したら「献血」いつできる? 厚労省と日赤に基準作りの現状を聞いた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスのワクチンを接種した後について、献血は現状では当面の間できないと、日本赤十字社が公式サイトで明らかにして、戸惑う声も出ている。

   接種後どのくらいの期間で献血できるかの基準については、厚労省が研究班の見解を元に検討している。輸血用血液などの確保にどう対応するのか、厚労省と日赤に話を聞いた。

  • コロナワクチン接種後の献血はどうなる?(写真はイメージ)
    コロナワクチン接種後の献血はどうなる?(写真はイメージ)
  • コロナワクチン接種後の献血はどうなる?(写真はイメージ)

日赤「国が基準を示すまでの間、献血はご遠慮いただく」

「新型コロナウイルスのワクチンを接種された方は、当面の間、献血をご遠慮いただいています」

   日本赤十字社の公式サイトで、「献血をご遠慮いただく場合」についてこんな文面があったと、ツイッターで2021年2月28日に紹介され、その後、このツイートが拡散して話題になっている。

   日赤サイトによると、ワクチンの接種について、インフルエンザなどは接種後24時間、おたふくかぜ、風疹などは同4週間、天然痘では同2か月、献血を遠慮してもらっているとしている。

   コロナのワクチン接種については、2月22日になって、接種後の献血受け入れについて日赤サイトの血液事業トピックスで次のように説明があった。

「新型コロナウイルスのワクチンを接種された方の献血の受入基準につきましては、国において検討中の段階であることから、基準が示されるまでの間、献血はご遠慮いただくこととしておりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。なお、広く一般の方へ接種が開始されるまでに基準が決定する予定であり、決定しましたら、あらためてホームページ等でお知らせいたします」

   前出のツイートでは、コロナのワクチン接種が進めば、献血する人が減ってしまう恐れもあるとして、ワクチンを打つ前に一度献血するよう呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中