2021年 10月 18日 (月)

「ノーパンしゃぶしゃぶ」知らない若者たち 「銀魂だけじゃないの?」広がる世代間ギャップ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2021年3月4日放送の「ゴゴスマ」(TBS系)での、「ノーパンしゃぶしゃぶ」をめぐるやり取りが視聴者の間で話題だ。

   番組では、「ノーパンしゃぶしゃぶ」という際どいワードをめぐって、出演者がまるでコントのような掛け合いを見せたが、この一幕を見た視聴者から、「ノーパンしゃぶしゃぶって何?」といった声が上がっていたのだ。

  • 別に、「ノーパンしゃぶしゃぶ」を知らなくても生きてはいける。ただ……(写真はイメージ)
    別に、「ノーパンしゃぶしゃぶ」を知らなくても生きてはいける。ただ……(写真はイメージ)
  • 別に、「ノーパンしゃぶしゃぶ」を知らなくても生きてはいける。ただ……(写真はイメージ)

「別に放送禁止用語じゃないですから」

   この日の「ゴゴスマ」では、週刊文春が報じた総務省へのNTTによる接待問題を扱っていた。その中で司会を務める石井亮次アナは「90年代後半にね、『何とかしゃぶしゃぶ』があって、ルールがきつくなって、もうないって思ってましたよ」と言及。これに対し、パネリストのケンドーコバヤシさんが「『何とかしゃぶしゃぶ』は、もう、店舗自体がなかなかないですからね」と応じるなど、出演者同士による奥歯にものが挟まったような会話が続いた。

   しかし、石井アナに話を振られた山口真由さんは「1990年代のノーパンしゃぶしゃぶ以降は、まあ非常に厳しくなって、その」と、それまで他の出演者が意識的に隠していた「ノーパン」の単語を隠さずに発言。すると、石井アナは「山口さん、ここまでみんなノーパンを避けてきていたんですけど」と、容赦なくその事実を指摘。これに対し、山口氏は両手で口を押さえながら、「イーッ! これ言っちゃいけなかったの?」と目を見開いて驚いたのだった。

   これに対し、石井アナは「全然いいです」。コバヤシさんも「山口さんが言うならいいんです」とフォローするなど、スタジオ内は大爆笑に。さらには、「別に放送禁止用語じゃないですから」との発言も飛び出すなど、スタジオは沈静化したのだった。

   これら、一連のやり取りには「歌舞伎の見栄っていうかダチョウさんクラスの完成度ですね」といった視聴者からの声が続々と上がるなど、一連のやりとりの「完成度の高さ」に驚いた視聴者は多かったようだ。

   ただ、こうした放送を受けて、ツイッターには「ノーパンしゃぶしゃぶって何ですか?」「ノーパンしゃぶしゃぶとは何だろうと検索してみた」といった声も出ていたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中