2021年 4月 17日 (土)

柴咲コウが訴えた「ジェンダー平等」の現状 「本来だったら、本当に平等になっていれば...」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   国連が定める「国際女性デー」にあたる2021年3月9日、様々な分野で才能と創造性に輝く女性に贈られる「ブルガリ アウローラアワード」の記者会見が開かれ、女優の柴咲コウさん(39)、女優の大島優子さん(32)、ジャーナリストの伊藤詩織さん(32)が出席した。

   柴咲さんは16年度、大島さんと伊藤さんは20年度に受賞。柴咲さんは、ジェンダーイコーリティ(ジェンダー平等)の現状について、「本当に平等になっていれば、そういったことを叫ばなくていい世の中だが、まだまだそうではない部分がある」として、「改善できるところはしていけたらいい」などと話した。

  • 左から大島優子さん、柴咲コウさん、伊藤詩織さん。国際女性デーにちなんで、ミモザの花束を手に写真撮影に臨んだ
    左から大島優子さん、柴咲コウさん、伊藤詩織さん。国際女性デーにちなんで、ミモザの花束を手に写真撮影に臨んだ
  • 「ブルガリ アウローラアワード」の記者会見に出席した柴咲コウさん
    「ブルガリ アウローラアワード」の記者会見に出席した柴咲コウさん
  • 左から大島優子さん、柴咲コウさん、伊藤詩織さん。国際女性デーにちなんで、ミモザの花束を手に写真撮影に臨んだ
  • 「ブルガリ アウローラアワード」の記者会見に出席した柴咲コウさん

「皆で意識して共鳴して、改善できるところはしていけたらいい」

   柴咲さんは18年に環境省から「環境特別広報大使」に任命されたり、20年には種苗法改正法案についてツイッターで懸念を表明したことが話題になったりと、女優業以外でも活動の幅を広げている。柴咲さんはコロナ禍を念頭に、現状について

「どのように生き方、考え方を変えていかなければいけないか、という課題を突き付けられている」

とする一方で、「ピンチはチャンス」とも。その意図を

「『そういったところにシフトチェンジする、何かいい変化が転がっていたら』だとか、『そういうときだから、周りの人と手を取り合って協力していこう』という気概につながる」

などと説明した。ジェンダーイコーリティについては、

「叫ばれているときは、まだ達成できていないときだと思う。本来だったら、本当に平等になっていれば、そういったことを叫ばなくていい世の中だが、まだまだそうではない部分があるんだなということを皆で意識して共鳴して、改善できるところはしていけたらいいと思う」

などと課題を指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中