2021年 7月 29日 (木)

DeNA痛すぎる「フロントの不手際」 ソトら外国人選手間に合わず...大幅戦力ダウンで開幕へ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球のDeNAの外国人選手が公式戦開幕に間に合わない見通しとなった。

   DeNAの三原一晃球団代表が2021年3月8日にメディアへの取材で明らかにした。スポーツ紙などの報道によると、育成を含む外国人10選手が3月26日の開幕戦に間に合わないことが濃厚だという。今シーズンからチームを指揮する三浦大輔新監督(47)にとって厳しい船出となりそうだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「打線の主軸」と「勝利の方程式」が不在に...

   DeNAは強力な外国人選手が顔を揃えている。野手では18年からの3年間で109本塁打をマークしDeNA打線を支えてきたネフタリ・ソト内野手(32)と来日2年目となるタイラー・オースティン外野手(29)。ともに打線の主軸を担う実力者だ。

   投手陣は救援左腕エドウィン・エスコバー投手(28)と先発ローテーションが期待されるマイケル・ピープルズ投手(29)。そして新外国人の先発候補フェルナンド・ロメロ投手(26)が加入する。なかでもエスコバーは「勝利の方程式」として重要な役割を担っており、序盤の不在は大きな痛手となる。

   新外国人選手については、DeNA同様にほとんどの球団の選手が来日できていない状況にある。その一方で昨年まで球団に所属していた2年目以降の外国人選手の現状をみてみると球団によってばらつきはあるものの、すでに多くの選手が来日している。

   なぜDeNAの外国人選手の来日が遅れているのか。スポーツ紙などの報道によると、DeNAの外国人選手はビザを取得してから入国を予定していたが、コロナ禍の影響で12月末にビザ取得が凍結された。また、外国人選手の入国に関しては、入国した後にビザを申請する方法もあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中