2021年 8月 4日 (水)

巨人・小林誠司がトレードなら相手は誰? 高木豊氏「大田泰示を戻してくれ、とか」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   元プロ野球選手の高木豊氏は2021年3月9日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、スポーツ紙などでトレードが噂にのぼっている巨人・小林誠司捕手について語った。

   高木氏は小林をトレードで欲しがる球団が3つあるとし、トレードの「相手候補」を具体的にリストアップ。その実現可能性についても見解を示した。

  • 高木豊氏が語る巨人・小林誠司のトレード候補は?(YouTube動画より)
    高木豊氏が語る巨人・小林誠司のトレード候補は?(YouTube動画より)
  • 高木豊氏が語る巨人・小林誠司のトレード候補は?(YouTube動画より)

「いないんだよなかなか。小林に釣り合うのが...」

   小林は13年ドラフト1位で巨人入団。16年〜19年にかけて巨人の中心捕手として活躍した。しかし、近年は炭谷銀仁朗のFA加入や大城卓三、岸田行倫ら若手の台頭もあり出場機会が減少。今春はパ・リーグ球団へのトレードの噂が、スポーツ紙を賑わせていた。

   高木氏は「小林選手の一部報道について高木豊が物申す!!」というタイトルで動画を公開。報道では様々なチームの名前が小林の移籍先候補として挙がる中、高木さんが「本当に欲しがっている球団」として挙げたのが、東北楽天、北海道日本ハム、千葉ロッテの3球団だった。巨人で出場機会に恵まれない小林だが、この3球団であれば「レギュラーでは使える」と高木氏は語る。

   また、高木氏は小林とのトレード候補として、3球団から複数選手をリストアップ。楽天では「2年間、勝ち星から遠ざかっている。でも、モノは素晴らしくいい」として、高卒5年目の右腕・藤平尚真を挙げた。さらに左打ちの代打要因として、ベテラン打者の銀次も候補だとした。

   日本ハムでは「いないんだよなかなか。小林に釣り合うのが...」としつつ、「若手だったら、淺間(大基)」と、15年のルーキーイヤーに華々しい活躍を見せた高卒7年目野手の名前を挙げた。さらに、「大田泰示を戻してくれ、とか。可能性としては、そのくらいクラス(じゃないと釣り合わない)」と、巨人から日本ハムへの移籍後に華開いたスラッガーの「カムバック」を期待した。

   千葉ロッテでは右の先発候補として岩下大輝、「イチロー二世」とも評される2年目野手・髙部瑛斗の名を挙げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中