2021年 4月 15日 (木)

「このドラマが言いたい事が伝わってきて良かった」 「知ってるワイフ」最終回が描いた「夫婦生活の核心」に反響

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   人気アイドルグループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)最終第11話が2021年3月18日に放送され、夫婦生活の核心に触れるような締めくくりに反響があがっている。

  • 広瀬アリスさん(2015年撮影)
    広瀬アリスさん(2015年撮影)
  • 広瀬アリスさん(2015年撮影)

再び夫婦になるハッピーエンド

   自分のせいで「出会う全ての人を不幸にしてしまった」と激しく後悔した元春は、謎の男・小池(生瀬勝久さん)協力のもと、10年前の運命の日にタイムスリップ。澪や沙也佳との出会いを回避すると、未来改変が起き、突然再び現世に戻って来た。

   「このまま澪たちに出会わず、ひとりで淡々と毎日を過ごしていけば良い...」。そう安心しつつも、どこか寂しそうな元春。思いを抑えきれず、澪の働く銀行へ足を運ぶと、澪と再会し衝撃の事実を知る。実は澪も、元春を追うように一旦は過去に戻り、元春を捜していたというのだ。

   すると澪は、「私は剣崎主任と一緒にいる未来しか思い描けません。今までも、これからも」と改めて告白。元春も「誰がなんて言おうと澪が好きだから」と思いを告げ、「笑って暮らそう」と2人は晴れて再び夫婦となることを決めるのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中