2021年 5月 13日 (木)

「大河主演」俳優は「ビールCM」に出る!? 長谷川博己、小栗旬、柴咲コウ...次の「候補」も大胆予想

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年3月23日に東京都内で開かれたキリンビールのクラフトビール「スプリングバレー」の発売記念記者会見に、俳優の長谷川博己さん(44)が出席したことがインターネット上で話題だ。

   会見では長谷川さんが商品のイメージキャラクターを務めることが発表され、長谷川さんは「やっと麒麟がくるんだな」とニッコリ。長谷川さんといえば、2月7日までNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で明智光秀役として主演しており、その長谷川さんがキリンビールの商品のCMに出演するとなれば、まさしく、「麒麟がきた!」とでも言える状況なのだ。

   このため、ツイッター上には「このニュース観てめっちゃ笑ってる。ハセヒロさん良かったねぇ(笑)」といった、ドラマの最終回からわずか約1カ月半にして「麒麟がやってきた」長谷川さんを祝福する声が続々。他にも、同様の声としては「ビール好き・KIRIN好き・大河好きの私もなんだか嬉しいわ」と、自身が好きなものを結び付けつつ、やはり、長谷川さんを祝福する声も上がっているが、「ビールと大河が結びついた光景」が、同会見のほんの19日前にも披露されていたことをご存じだろうか。

  • 長谷川博己さん(2018 TIFF/アフロ)
    長谷川博己さん(2018 TIFF/アフロ)
  • 長谷川博己さん(2018 TIFF/アフロ)

大河ドラマとビールは相性が良い!?

   3月4日、都内で開かれたのはサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」の新CM発表会見。そこに登場したのは小栗旬さん(38)と柴咲コウさん(39)だ。会見では2人が新たに商品のイメージキャラクターを務めることが発表されたが、小栗さんといえば、2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で主演することがすでに決まっているほか、柴咲さんは2017年放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎」で井伊直虎役で、やはり主演を務めていたのだ。

   どうやら大河ドラマとビールは妙に相性が良いようだ。そこで、他にも類似の例はないかと探してみると、2019年に放送された「いだてん」で阿部サダヲさんと共に主演した中村勘九郎さんは、同年にサッポロビールの「ヱビスビール」のCMに出演。また、2018年に「西郷どん」で主演していた鈴木亮平さんは、2017年から「キリン一番搾り」のCMに出演しており、商品のサイトを見ると現在も鈴木さんの写真が掲示されているのが分かる。

   さらにさかのぼっていくと、2012年の「平清盛」で主演した松山ケンイチさんは同年に、やはり、「ヱビスビール」のCMに出演したほか、2010年の「龍馬伝」で坂本龍馬役で主演を務めた福山雅治さんは、やはり、同年に「アサヒスーパードライ」のイメージキャラクターに就任。さらには、2009年の「天地人」で直江兼続役で主演した妻夫木聡さんは翌2010年にサッポロビールの「サッポロ黒ラベル」のCMである「大人エレベーター」シリーズへの出演を開始し、2020年12月には第36作が公開されている。

   これら、柴咲さん以外は、自身が主演する大河ドラマ放送と同年、もしくはその前後1年の間にビールのCMキャラクターに就任しているのが分かる。となれば、自身のお気に入りの俳優が出演する大河ドラマをビール片手に見る視聴者は、案外多いのではないだろうか。

ビールのCMに出演している俳優の中に、今後の大河の候補がいる!?

   さて、このような「傾向」に気付いてしまうと、人間たるもの、「予測」をしたくなるものである。つまり、「ビールのCMに出演している俳優の中に、今後の大河の候補がいるのではないか?」という思いが頭をもたげてくるのだ。

   そこで、「近年のビールCM出演者の中から、今後、大河に出そうな俳優」を思い浮かべてみると......まず思いつくのは窪田正孝さんではないだろうか。窪田さんは2020年に「サッポロ ゴールドスター」のイメージキャラクターに就任しているが、同時に、2020年度前半の朝ドラ「エール」に出演し、すでにNHKへの貢献度は抜群。事実、長谷川博己さんは2018年度後期の「まんぷく」に出演しており、それを考えると、大河への出演が差し迫っているかのようにも感じられる。なお、同商品はリキュールであり、いわゆる「ビール風飲料」であってビールではないが、そこは、窪田さんのブランド力でカバーしていると判断して良いだろう。

   また、「キリン一番搾り」のCMに出演中の満島ひかりさんも、大河に近い俳優と言えるのではないだろうか。満島さんといえば、その演技力の高さがたびたび話題になる俳優であるのはもちろん、近年は自らが納得できる仕事だけをするとも評されるなど、役柄へのストイックな態度がメディアで報じられるなどしている。となると、満島さん自身が、大河に出る前に自らの役柄が固定化してしまうような役での出演を控えているとも考えられるからだ。

   また、この逆で、2023年放送の「どうする家康」で徳川家康役で主演する「嵐」の松本潤さんが、今後、何らかのビールのCMに出演するなどということもあるかもしれない。なお松本さんは、嵐としては2017年に「キリン一番搾り」のCMに出演していた。

   これら、切っても切れない関係にあるかもしれない「大河ドラマ」と「ビール」の関係を意識しながら大河を見るというのもまた一興といったところではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中