2021年 4月 12日 (月)

G党呆れた吉川・岡本の「凡エラー」 白星逃す拙守に「ひどいミス」「集中力を欠くプレー」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の巨人は2021年3月30日、バンテリンドームで中日と対戦し3-3で引き分けた。

   巨人は3回にウィーラー内野手(34)の適時打で先制したが、その裏に守備の乱れから2点を失い逆転を許した。4回には中島宏之内野手(38)のソロが飛び出し同点に。8回に1点を追加して逆転に成功したものの、8回からマウンドに上がった2番手・大竹寛(37)が1点を守り切れなかった。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

2死から拙守連発で逆転され...

   1点リードの3回、まさかの凡ミスが続きピンチを広げて失点へとつながった。

   先発サンチェス投手(31)は先頭・根尾昂内野手(20)を三振、続く大野雄大投手(32)を三ゴロに打ち取り簡単にアウト2つを取った。その後、1番打者の大島洋平外野手(35)にセンター前に運ばれ2死からランナーを許した。

   2死1塁の場面で阿部寿樹内野手(31)が放った打球はセカンドへのゴロに。これを2塁手の吉川尚輝(26)がエラーして1、2塁となった。

   続く高橋周平内野手(27)の三ゴロを岡本和真(24)が2塁に送球しオールセーフ。2死満塁とピンチが広がり、4番ビシエド(32)に2点適時打を許した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中