2021年 8月 6日 (金)

女性の観客を「奇女・珍女」扱い SF映画『JUNK HEAD』監督がツイートも謝罪「差別はしてないけど区別してた」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   公開中の映画『JUNK HEAD(ジャンク・ヘッド)』の女性観客数が多かったとして、監督の堀貴秀氏が2021年3月28日、「え?奇女?珍女?」などとSNS上に投稿した。

   堀氏はその後、発言を撤回し、「褒め言葉のつもりで書いてしまいました。申し訳ありませんでした」「男とは感性が違うという先入観があった」と謝罪した。

  • 堀貴秀氏のツイッターより
    堀貴秀氏のツイッターより
  • 堀貴秀氏のツイッターより

SF映画は男性向け?

   JUNK HEADは3月26日公開のSFアニメ映画。堀氏が7年かけて制作し、「ストップモーション」と呼ばれる技法で人形などをコマ撮りしているのを特徴とする。

   映画公式サイトでは「カルトなのに壮大な世界観と、不気味なのにどこかクセになるキャラクターに中毒者が続出した、最高のディストピア!?」と宣伝している。

   堀氏は28日、週末の観客の男女比率が6対4だったとツイッターで報告し、「ビックリした」「え?奇女?珍女?でもそんな女性と話が合いそう。好きな映画が『JUNK HEAD』という男女は間違いなく幸せになれるでしょう」とつぶやいた。男性の観客が大多数と予想していたようだ。

   この投稿を見たツイッターユーザーからは、「なぜ女性がJUNK HEAD好きだと珍しいと思われるの!?」「舞台挨拶の日も女性客大勢いたけど、監督さんは私達のこと『奇女・珍女がいる』って思ってたのかな」と疑問視する声が寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中