2021年 8月 5日 (木)

北朝鮮の「東京五輪不参加」決定 重要発表を掲載した無名の「朝鮮体育」はどんなサイト?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの収束が見えない中で、北朝鮮が東京五輪に選手団を派遣しないことを決めた。通常、このような北朝鮮政府の決定は朝鮮中央通信のような国営メディアで最初に伝えられたが、今回は「朝鮮体育」なるウェブサイトが、その役割を担った。

   対外的には無名ともいっていいサイトだが、北朝鮮の体育省が運営しているとみられ、北朝鮮のスポーツに関する情報を掲載しているサイトだ。

  • 北朝鮮の東京五輪参加見送りを伝えた「朝鮮体育」の記事
    北朝鮮の東京五輪参加見送りを伝えた「朝鮮体育」の記事
  • 「朝鮮体育」のトップページ。北朝鮮の体育省が運営しているとみられる
    「朝鮮体育」のトップページ。北朝鮮の体育省が運営しているとみられる
  • 北朝鮮の東京五輪参加見送りを伝えた「朝鮮体育」の記事
  • 「朝鮮体育」のトップページ。北朝鮮の体育省が運営しているとみられる

東京五輪不参加は「世界的な保健の危機から選手たちを保護するため」

   北朝鮮の東京五輪不参加は、サイトに2021年4月5日付けで掲載された記事で明らかになった。3月25日にビデオ会議方式で北朝鮮のオリンピック委員会(NOC)総会が開かれたことを伝える内容で、最後の段落で東京五輪に言及した。

「朝鮮民主主義人民共和国のオリンピック委員会は、総会でコロナウイルス感染症による世界的な保健の危機から選手たちを保護するために委員の提案に基づいて、第32回オリンピック競技大会に参加しないことを討議決定した」

   記事には総会の写真が掲載されており、その右下には「朝鮮中央通信」のロゴが確認できる。同通信の記者が総会を取材した可能性もあるが、4月6日時点では東京五輪の参加見送りについて報じていない。

   総会の開催自体は、開催翌日の3月26日付けの労働新聞で報じられていた。ただ、今後の活動方針については

「今年の専門体育技術発展のための確固たる基盤を築いて大衆体育活動を活発に組織進行する上の実務的な問題が討議された」

とあるのみ。東京五輪への言及がなく、対応が注目されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中