2021年 10月 26日 (火)

浜崎あゆみが歌った「春よ、来い」は、ジャニーズ退所・長瀬智也へのメッセージだった?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   自身デビュー23周年となる2021年4月8日、歌手の浜崎あゆみさん(42)がバラードベスト「A BALLADS 2」を発売した。浜崎さんとしては自身2枚目となるバラードベストで、2003年から2020年にかけて発売されたバラード曲の中から選ばれた30曲が収録されているが、併せて、もう1曲、松任谷由実さんの「春よ、来い」がカバー曲として収録されているのだ。

   1994年度に1年間にわたって放送されたNHK連続テレビ小説「春よ、来い」の主題歌として知られる同曲が、浜崎さんのバラードベストに収録されたことに、ネットでは「浜崎あゆみ嫌いじゃないし、寧ろ歌は好きだけど、なぜ歌った?」といった声が上がるなどしている。

   浜崎さんがこのタイミングで「春よ、来い」を歌った理由は、どこにあるのだろうか。デビュー時からあゆを追ってきた記者が考えた。

  • 4月8日発売の「A BALLADS 2」のジャケット
    4月8日発売の「A BALLADS 2」のジャケット
  • 4月8日発売の「A BALLADS 2」のジャケット

愛しき人への変わらぬ思いがテーマ

   浜崎さんは、以前から松任谷さんをリスペクトしていることを明かしていた。2003年4月に出演した「ミュージックフェア」(フジテレビ系)ではそのことを明かしつつ、同曲をカバー。また、同年3月に発売した「A BALLADS」では松任谷さんの「卒業写真」をカバーして収録しており、この点もまた、松任谷さんへのリスペクトとして話題になっていたのだ。

   というわけで、浜崎さんが「春よ、来い」を歌うのは実に理由があることだということが分かる。ただ、浜崎さんのカバー版や、それに付随するミュージックビデオを視聴していると、果たして理由はそれだけなのかといった疑問も湧いてくる。

   それは、「春よ、来い」を、浜崎さんが「今」歌う必然性とは何なのだろうかという疑問である。

   同曲は特にその2番において、時を超える恋心を描く箇所があるほか、全体を通しても、やはり、愛しき人への変わらぬ思いがテーマと言える楽曲とされている。それを、2021年4月8日発売のバラードベストに収録して発売するのはもちろん、それに先行して3月12日から同曲の配信とミュージックビデオを公開するということは、浜崎さんにとって、この3月、ないし、4月に恋心を歌う曲をリリースする理由があったということになる。そう考えると......確かに1つ、それと思しき出来事があったことに気付く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中