2021年 11月 28日 (日)

「こんなにすごいの!?」周囲も仰天 「エグイほどモテた」元ミスター慶応芸人のエリートすぎる半生

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「ラフレクラン」から改名したお笑いコンビ「コットン」が、2021年4月12日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に出演した。

   ネット上では、この番組を通じて改めて浮き彫りとなった、ツッコミ担当の西村真二さんのキャラクターに注目が集まっている。

  • 「コットン」の西村真二さん(左)
    「コットン」の西村真二さん(左)
  • 「コットン」の西村真二さん(左)

華麗すぎる経歴にスタジオ仰天

   この日の番組のテーマは、「しくじり学園お笑い研究部 『ラフレクランがイマイチはねない』を考える」。2019年には若手お笑い芸人の登竜門的コンクール「NHK新人お笑い大賞」で優勝を果たすも、なかなかテレビで「はねない」理由をしくじりメンバーとともに考えるという趣向だ。

   コンビのマネージャー直々の持ち込み企画だそうで、「賞レースで結果を出しているのに、テレビで全く売れない」ことを心配しているという。

   オードリーの若林正恭さんも「売れなきゃおかしいけど...」と首をひねるが、マネージャー曰く最大の問題は「ボケのきょんさんが先に売れ、自分はそれについていく」というビジョンを持つツッコミの西村さんにあるという。

   先輩コンビ「ニューヨーク」からも「西村の変な部分を出したほうがいい」とアドバイスをされているものの、イジられ慣れていない西村さんは上手く乗ることができない様子。西村さんは「僕は自分のことを全く変と思っていないんですよ」と神妙な顔だ。

   「西村さんを知らない方のために」とまとめられた西村さんの経歴には、

「水泳ジュニアオリンピック選手」
「高校時代は野球部のエース」
「ミスター慶應グランプリ」
「広島ホームテレビのアナウンサー」
「カトパン(フジテレビアナウンサー)と同期」

の文字が並ぶ。スタジオからは「こんなにすごいの!?」「ええ~!!」と驚きの声があがっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中