2021年 8月 6日 (金)

四球、四球、四球の大乱調 オリックス、9回に悪夢の逆転負け「先発が気の毒すぎる」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球のオリックスは2021年4月18日、京セラドームでロッテと対戦し2-3で敗れた。

   先発の高卒2年目左腕・宮城大弥(19)が6回3分の2を投げ、4安打8奪三振1失点の力投を見せるも、1点リードの9回に4番手ヒギンス(29)が乱れて逆転負け。これでチームは引き分けをはさんで4連敗となり、借金は今季最多の「6」となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

若手力投で連敗ストップ機運高まるも

   1点リードの9回、オリックスはヒギンスに連敗ストップを託した。そのヒギンスは制球が定まらず、先頭レアード(33)、山口航輝(20)に連続四球。その後、犠打とファーストフライで2つのアウトを取り2死2、3塁とし、岡大海(29)の三遊間への打球が内野安打となり同点とされた。

   なおもピンチは続く。2死2、3塁で荻野貴司(35)をストレートの四球で歩かせ満塁とし、続くマーティン(33)に押し出し四球で逆転。若手投手の力投で連敗ストップの機運が高まる中、最終9回にヒギンスが自滅する形で試合を壊した。

   オリックスの救援陣は苦しい状況にある。メジャーから4年ぶりに日本球界復帰を果たし、開幕から救援陣を支えてきた平野佳寿投手(37)が4月16日に頸部(けいぶ)痛のため出場選手登録を抹消された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中