2021年 5月 12日 (水)

ドリームキャストで出会った2人の小学生が、20年後に再会を果たした――本人たちが語る「奇跡」の顛末

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   インターネット黎明期の90年代後半にチャットで仲良くなった小学生の「れな」と「ひな」が、20年越しに再会を果たした。環境の変化で長らく疎遠になっていたものの、様々な偶然が重なり、ふたたび親友になった。

   大人になった2人が、当時のエピソードとともに再会の喜びをツイッターで共有すると、「映画みたいな実話だ」「本当に良かった」と大きな反響を呼んでいる。

  • mihoさん(左)とアキラさんの再会時(2人のツイッターより)
    mihoさん(左)とアキラさんの再会時(2人のツイッターより)
  • インタビューに応じたmihoさん(上)、クサカさん
    インタビューに応じたmihoさん(上)、クサカさん
  • mihoさん(左)とアキラさんの再会時(2人のツイッターより)
  • インタビューに応じたmihoさん(上)、クサカさん

家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」が縁

   主人公は、クサカアキラさんとmihoさん。

   クサカさんは大阪市内のバーで働くかたわら、動画共有サイト「ニコニコ生放送」の配信や歌手活動をしている。mihoさんはメタルバンド「LOVEBITES(ラブバイツ)」のベーシストとして活躍する。

   2人は約20年前、セガの家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」のチャットで知り合った。同機はネット通信用モデムを標準搭載し、ゲームはもちろん、ネットの閲覧、メール、グループチャットが楽しめた。クサカさんは「れな」、mihoさんは「ひな」のハンドルネームで、チャットに夢中になった。

ドリームキャスト(セガ提供)
ドリームキャスト(セガ提供)

   小学生の利用者は珍しく、ゲーム音楽という共通の趣味もあってすぐに意気投合した。学校から帰宅すると、すぐにドリキャスを起動し、毎日のように"会話"した。しかし、小学校卒業を機に音信不通になってしまった。それでもお互いを忘れたことはなかった。

   そして2021年4月、ある動画でクサカさんの近況を知ったmihoさんが、ライブで大阪を訪れた折に勇気を出してバーに会いに行く――。2人が2021年4月4日、お互いの視点で当時の思い出や再会の感動をツイッターに投稿すると、多くの人の琴線に触れて約20万「いいね」を集めた。

   クサカさんは「"ひな"...改め、"ミホ"と私は今日から改めて友達を始めました」「ありがとうドリキャス。ありがとうネット黎明期。ありがとう今の私たち」と感謝を伝え、mihoさんは「勇気を出して訪れてよかったと思う。彼女と20年ぶりに、また友達になれたから。これからよろしくね!!」「そして、また何度だって会おうね」と応えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中