2021年 10月 23日 (土)

伊藤健太郎に「言い訳するな」の声 「逃げている認識なかった」TBSインタビューに賛否広がる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ひき逃げ事故を起こし、その後、起訴猶予処分となった俳優の伊藤健太郎さんが、2021年5月1日放送の「新・情報7Daysニュースキャスター」(TBS系)のインタビューVTRに出演。そこで語った内容に、視聴者から厳しい声が上がっている。

  • 伊藤健太郎さん(アフロ)
    伊藤健太郎さん(アフロ)
  • 伊藤健太郎さん(Motoo Naka/アフロ)
    伊藤健太郎さん(Motoo Naka/アフロ)
  • 伊藤健太郎さん(アフロ)
  • 伊藤健太郎さん(Motoo Naka/アフロ)

「あ、ひき逃げになっているんだ、俺」

   伊藤さんは20年10月28日に東京都渋谷区の道路で、Uターンした際に走ってきたバイクと衝突。その場で停車せずにいったんは現場から走り去るなどした。

   こうした状況について、インタビュアーから「(異変を感じたら)止まるのが普通の感覚ではないか?」との質問された伊藤さんは、「冷静になって考えると、それがベストな対応でもあったし、『何で(車を)停めなかったんだろう』って(思っている)」と回答。ただ、続けて、

「自分はその時、当たってしまったものがバイクなのか、ガードレールなのか、自転車なのか、それが何か分からない状態だったんです」

   とも答えた。

   このため、ツイッター上には「『何かにぶつかったとは思ったけど、それがバイクなのか...ガードレールなのか...自転車なのか分からなかったので...』って、それ全部アウトなんやが?」といった声が続々と上がった。

   そのほか、衝突した後に現場から走り去ったことについても、「(付近を)一周して、左折を繰り返してその場に戻ろうというのに必死だったというか...」として、すぐにUターンをするのではなく、大回りしようとしていたと釈明。

「その時の自分としては、逃げている認識はなかった」

   として、翌朝に警察へ出頭した後になってようやく、「『あ、ひき逃げになっているんだ、俺』と思いました」と気づいたと振り返っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中