2021年 6月 23日 (水)

巨人捕手争い、「OB絶賛」の炭谷急浮上 大城はうかうかできず?小林は...

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球巨人の炭谷銀仁朗捕手(33)が存在感を見せている。

   炭谷は2021年5月4日、5日の広島戦でスタメンマスクをかぶり、巧みなリードで先発の好投を引き出した。4日は先発・高橋優貴(24)をリードし広島打線を1点に抑えた。5日は立ち上がりに苦しんだ先発サンチェス(31)を支えチームを勝利に導いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

堀内氏「これが、キャッチャーの力量ですよ」

   炭谷はスタメン出場した2試合で広島に与えた得点はわずか1点と、好リードが光った。とくに5日の試合ではサンチェスが立ち上がりは制球に苦しみ、初回から巨人ベンチが動き出すなど波乱の幕開けを予感させた。このような状況で炭谷はベテランらしく落ち着いたリードでサンチェスを導き初回を乗り切ると、以降も広島に得点を許さなかった。

   この炭谷のリードに関して、巨人の元監督である堀内恒夫氏(73)が自身のブログで絶賛した。

   堀内氏は試合翌日の5月6日にブログを更新し、「昨日は炭谷のリードが上手かった。まっすぐをストライクゾーンで勝負したがるサンチェスに対してボールを動かしてきた」と分析し、「昨日のように調子が悪いピッチャーをいかに抑えられるようにもっていけるのか。これが、キャッチャーの力量ですよ」と絶賛した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中