2021年 6月 25日 (金)

「BBQゴミ散乱」写真がSNS拡散 騒動知った当事者が松本市に謝罪「後で取りに行くつもりだった」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   長野県松本市内の河川敷に買い物カゴごとバーベキューのゴミが放置されていたとして、ツイッター上でその写真が投稿される騒ぎが起きた。

   その後、当事者2人が市の担当課でゴミを引き取り、謝罪する事態にまでなった。不法投棄などの可能性もあることから、松本署も、市から連絡を受けて現場確認をしており、今後、捜査が進むことも考えられる。

  • BBQのゴミなどが放置されていた(写真は、松本市公園緑地課提供)
    BBQのゴミなどが放置されていた(写真は、松本市公園緑地課提供)
  • BBQのゴミなどが放置されていた(写真は、松本市公園緑地課提供)

スーパーの買い物カゴもあり、窃盗か確認するため警察が立ち合い

   堤防の上のようなところに、スーパーなどで提供される買い物カゴが3つ乗っている。その中には、ゴミと見られる袋が詰められ、手前にも、コンロ台や数枚の焼き網が放置されていた。

   松本市内の文化団体が2021年5月10日、こんな現場の写真をツイッターに投稿すると、あまりにも酷いと非難が広がった。

   市の公園緑地課にJ-CASTニュースが13日に聞いたところによると、現場は、市の公園「薄川緑地」内で、コンロを使えばバーベキューができる場所だった。9日の日曜日にゴミが放置されたとみられ、翌10日になって、匿名の市民から同課に通報があった。

   市では、スーパーから持ち出されたとみられる買い物カゴがあったため、窃盗など犯罪性の有無を確認してもらおうと松本署に連絡するとともに、職員が10日のうちに現場に向かった。

   警察の立ち合いの下、職員が確認すると、紙容器や空き瓶などのほか、コンロや折り畳みイスなどもあり、職員が市役所に持ち帰った。周囲に散乱していたゴミは捨てたものの、カゴに入っていたものなどは役所内に仮置きした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中