2021年 6月 17日 (木)

佐々木朗希は「大谷翔平の域まで行ける可能性」 デビュー戦に見た将来性と改善点、元コーチが語る

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「令和の怪物」佐々木朗希投手(19)が1軍デビューを飾った。

   プロ野球のロッテは2021年5月16日、ZOZOマリンスタジアムで西武と対戦し、佐々木が先発のマウンドに上がった。佐々木は5回を投げ107球、6安打4失点(自責2)。最速154キロをマークし5つの三振を奪った。「令和の怪物」の1軍デビュー戦を専門家はどうみたか。J-CASTニュース編集部は、巨人、楽天、西武などでコーチを務めた橋上秀樹氏(55)に分析してもらった。

  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ )
    佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ )
  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ )

本拠地で「怪物」の片りん見せる

   プロ野球ファンが待ちに待った佐々木の1軍デビュー。チームは6-6で引き分け勝ち星は付かなかったものの、本拠地でのデビュー戦で「怪物」の片りんを見せた。

   その初回、佐々木は先頭・若林楽人(23)に初球をレフト前に運ばれ、続く2番・源田壮亮(28)への5球目に盗塁を許し無死2塁とした。源田をレフトのファウルフライに打ち取り、森友哉(25)にセンター前ヒットを許すも、4番・山川穂高(29)を空振り三振、栗山巧(37)をレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けた。

「佐々木投手の立ち上がりですが、ストレートに関しては非常に安定していた。急速にあまりばらつきがありませんでした。投球フォームが安定しているからこそ球速も安定していたと思います。フォームにばらつきがあると、球が速かったり、遅かったりして球速にもばらつきが出てしまう。その点でいえば、佐々木投手の投球フォームが固まりつつあるのかなと感じました」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中