2021年 6月 23日 (水)

「ウマ娘」効果?引退馬支援に3500万円 目標金額の10倍超...支援団体が感謝の報告

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   レースを引退した競走馬を支援するNPO法人「引退馬協会」は2021年5月18日、引退馬「ナイスネイチャ」の誕生日にあわせて開催した「ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション」に総額3582万9730円の支援が寄せられたと発表した。

   当初の目標額は200万円だったが、それを大幅に超える結果となった。

  • 「ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション」に総額3582万9730円の支援
    「ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション」に総額3582万9730円の支援
  • 「ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション」に総額3582万9730円の支援

「有馬記念」で1991年から3年連続3着

   ナイスネイチャは、4月16日に33歳になった元競走馬だ。生涯成績は41戦7勝。年末に行われる「有馬記念」という大きなレースで1991年から3年連続3着という記録をとったことから、「3」という数字にゆかりのある馬として愛されている。引退後は引退馬協会の里親制度によって、多くの人々に支えられながら余生を送っている。

   そんなナイスネイチャの誕生日に合わせて、協会は4月16日から5月17日に渡って寄付を募った。支援金は過去にレースで活躍した元競争馬やその繁殖馬らを支援するために使われる。当初の目標支援額は200万円で、引退した馬2頭を約半年ほど支えるのに必要な額だ。

   しかしバースデードネーションが始まった初日、あっという間に目標額が集まった。これを受けて協会は目標額を300万に再設定したが、19日には2000万円を超え、その勢いは衰えなかった。一部のファンの間では、「3」にゆかりのあるナイスネイチャだけに、3000万円、さらには3333万円を目指すという動きも見られた。

   そして5月16日までに、1万6296人の支援者から、総額3582万9730円の寄付が寄せられた。ファンの間では驚きが広がっている。

「ナイスネイチャのバースデードネーション3000万超えててワロタ」
「ナイスネイチャすごいよな。何の運命か33歳のバースデードネーションで3000万集めちゃうんだから」

   協会代表理事の沼田恭子さんはこうした反響について、J-CASTニュースの4月の取材で、大ヒット中のゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」の影響が大きかったではないかとみていた。(「『ウマ娘』ブームが引退馬を救う? 支援団体が明かす現実と、広がる寄付への思い『感謝しかない』」、2021年4月21日配信)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中