2021年 6月 14日 (月)

原巨人「首位奪還」へ虎視眈々 懸念のリリーフ立て直しで交流戦巻き返しへ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球・巨人のルビー・デラロサ投手(32)とチアゴ・ビエイラ投手(28)が2021年5月18日、東京ドームで行われた1軍の試合前練習に合流した。

   デラロサは米国市民権取得の申請のため4月15日に渡米し5月3日に再来日。2週間の自主隔離期間を終えチームに合流した。2軍で調整していたビエイラはこの日、出場選手登録され1軍に昇格。首位奪回へ向けてブルペン強化を図る。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

15日阪神戦は9回に3投手つぎ込み勝利

   1カ月以上の長期離脱を経てようやく守護神が戻ってくる。デラロサは今後、一定の調整期間を置いてから1軍に昇格するとみられ、早ければ25日に開幕するセ・パ交流戦の楽天戦での復帰が見込まれる。交流戦はリリーフ陣揃い踏みで臨むことになりそうだ。

   デラロサが4月15日に渡米して以降、原辰徳監督(62)はクローザーを固定しなかった。

   状況に応じてセットアッパーの中川皓太(27)、鍵谷陽平(30)、ビエイラらをクローザーで起用。勝負どころでは積極的にリリーフ陣が投入され、5月15日の阪神戦では2点リードの9回に鍵谷、大江竜聖(22)、野上亮磨(33)がつぎ込まれ、この3投手によるリレーでなんとか切り抜けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中