2021年 6月 17日 (木)

喫煙所閉鎖したのに「吸い殻散乱」 池袋駅東口「常時20人タバコ」のイタチごっこ...区は対応苦慮

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都豊島区内のJR池袋駅東口の区指定喫煙所は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言後に閉鎖されたが、周囲でタバコを吸う人が後を絶たず、吸い殻も散乱して、区も対応に苦慮している。

   入口にロープが張られ、中に入れないように、植栽のプランターが置かれた喫煙所の外では、少なくとも10人がタバコを吸っている。

  • 吸い殻が散乱して酷い状況に(写真は、野田草履Pの裏アカウント@nodazourimuneから)
    吸い殻が散乱して酷い状況に(写真は、野田草履Pの裏アカウント@nodazourimuneから)
  • 閉鎖された当時の池袋東口の喫煙所。ロープと植栽で入れないようにしてあるが…(写真は、豊島区環境保全課提供)
    閉鎖された当時の池袋東口の喫煙所。ロープと植栽で入れないようにしてあるが…(写真は、豊島区環境保全課提供)
  • 吸い殻が散乱して酷い状況に(写真は、野田草履Pの裏アカウント@nodazourimuneから)
  • 閉鎖された当時の池袋東口の喫煙所。ロープと植栽で入れないようにしてあるが…(写真は、豊島区環境保全課提供)

「喫煙者ばっか締め付けてる」「何故代案なしで実施」との声も

   近づくと、周囲の路上には、無数の吸い殻が散乱していて、酷い状況だ。

   ライブストリーマーの野田草履さん(@nodazourimune)は2021年5月11日、ツイッターでこんな写真を投稿し、「毎日この惨状」だとして動画でも紹介した。

   同様な写真投稿も、ツイッターなどで相次いでおり、様々な意見が寄せられている。

   一部喫煙者への非難は多く、「マナーなってないですね」「これだから喫煙者のイメージが悪くなる」「せめて携帯灰皿くらい使えば良いのに」などと厳しい声が出た。一方で、「喫煙者ばっか締め付けてる」「感染防止は解りますがやり方が変」「何故代案なしで実施すんのか」と、一方的に閉鎖されたとして不満の声も上がっていた。

   豊島区では、池袋駅の東口と北口にある区内2か所の指定喫煙所をGW前の4月25日から閉鎖している。その理由について、区の環境保全課長は5月19日、J-CASTニュースの取材にこう説明した。

「1密でも2密でも感染リスクはあり、人流を抑える目的もあります。タバコを吸うときにマスクを外して談笑する人もいますし、掃除をする職員が長時間現場にいるリスクも考慮しました。閉鎖の解除は、宣言が明けてから他の施設の状況を見て決めたいと考えています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中