2021年 12月 8日 (水)

「もう限界です。助けてください」 ラーメン店の悲痛な「営業宣言」に反響...何があった?店主に聞いた

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「もう限界かもしれません」。コロナ禍の中で、東京・荻窪のラーメン店の女性店主が、こんな言葉から始まるメッセージを店頭に掲出した。その内容がツイッターで紹介され、反響を呼んでいる。

   手書きの貼り紙は、店主の名前で店の入り口横に掲示され、この書き出しが赤っぽい字で強調されている。

  • 店頭に掲出されたメッセージに反響
    店頭に掲出されたメッセージに反響
  • 店主の山崎えつ子さん(旨辛麺 かつくに 荻窪店で)
    店主の山崎えつ子さん(旨辛麺 かつくに 荻窪店で)
  • 店頭に掲出されたメッセージに反響
  • 店主の山崎えつ子さん(旨辛麺 かつくに 荻窪店で)

「待っているだけでは潰れるだけ。限界の中でやれることを」

   それによると、店は、小池百合子都知事の休業命令で営業していなかったが、2021年5月20日から営業することになった。しかし、3月からのコロナの感染拡大防止協力金をまだもらえておらず、店主の私物で売るものもなくなったとして、こう打ち明けた。

「このままではお店も1カ月もちません。もう限界です。皆様、お客様どうかお助け下さい」

   貼り紙では、「美味しく一生懸命作ります」との部分も赤っぽい字で強調されている。ツイッターでこの写真が21日に投稿されると、15万件以上もの「いいね」が寄せられ、店主への激励の言葉が続々書き込まれている。

   この店は、看板メニューの旨辛ラーメンで知られる「旨辛麺 かつくに 荻窪店」だ。

   記者が21日に店を訪れると、15時の閉店後に、店主の山崎えつ子さん(35)が取材に応じてくれた。

   なぜ今回の貼り紙を出したかについて、山崎さんは、次のように説明した。

「本当にお金も下りませんし、家賃と光熱費などが重くて店をやっていけず、昨日から営業を再開しても、このままでは閉めるしかない状況です。待っているだけでは潰れるだけですので、限界の中でやれるところだけはやろうと貼りました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中