2022年 5月 16日 (月)

ワクチン接種会場「専用列車」導入あり? コロナ禍で使えない、有料車両の活用法を考える

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言により、鉄道会社はさまざまな対応を強いられている。列車本数の削減や終電時間繰り上げのほか、有料座席指定車両の利用中止もその1つだ。

   利用がストップしている有料座席指定車両、何か別の活用法はないのだろうか。京阪電鉄「プレミアムカー」を例に考えてみた。

  • 大阪と京都を結ぶ京阪特急
    大阪と京都を結ぶ京阪特急
  • 京阪ご自慢の有料座席指定車両「プレミアムカー」
    京阪ご自慢の有料座席指定車両「プレミアムカー」
  • 大阪と京都を結ぶ京阪特急
  • 京阪ご自慢の有料座席指定車両「プレミアムカー」

土日祝を対象に「プレミアムカー」の利用を中止

   京阪電気鉄道緊急事態宣言に伴い、5月1日から列車本数を減らした臨時ダイヤを土日祝に実施している。

   その上で、臨時ダイヤの実施日は快速特急・特急に連結する有料座席指定車両「プレミアムカー」の利用を中止している。また、乗車日が利用中止期間にあたる指定席券「プレミアムカー券」については払い戻しの対象となる。

   払い戻しの手順は、駅で購入した場合は乗車予定日の翌日から1年以内にプレミアムカー券発売駅の窓口に申し出る。Web予約システムで購入した場合は乗車予定日の翌日に自動で返金処理される。

   ところで政府は、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターを東京と大阪に設置する。大阪会場は京阪中之島駅近くにある府立国際会議場となる。

   大阪の大規模接種センターは5月24日から3か月の間、土日祝日も含めて運営される。対象は大阪府、京都府、兵庫県に居住し、地方自治体から送付された接種券を持ち、今回が第1回目のワクチン接種である人だ。2回目の接種も同会場で行う。

   ひょっとすると、高齢者が京阪特急に乗り、ワクチン接種会場へ向かうことがあるかもしれない。土日祝日とはいえ、時間帯によっては混雑したり、着席が難しかったりする場合もあるだろう。

ワクチン接種会場への移動に活用できる?

   そこで、ワクチン接種をする高齢者のために土日祝限定で「プレミアムカー」を「ワクチン接種者専用車両」にすることはできないだろうか。

   つまり事前予約の座席指定制にし、ワクチン接種会場に向かう65歳以上の高齢者を対象に、追加料金なしで「プレミアムカー」を利用してもらう試みだ。

   厚労省は、ワクチンの接種後は激しい運動を控えるように、と呼びかけている。できる限り安静にしたほうがいいのは間違いないだろう。

   運用面で様々な課題はあるが、ワクチン集団接種にあたって、何かしらの方法で座席指定車両の活用を検討してもらえればと思う。

(フリーライター 新田浩之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中