2021年 6月 17日 (木)

モラハラ夫に「別れた方がいい」 ドラマ「イチケイのカラス」モヤモヤ展開に視聴者憤慨

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優の竹野内豊さんが主演を務める「イチケイのカラス」(フジテレビ系)。2021年5月24日放送の第8話では、万引きに手を出す主婦が物語のキーパーソンとして登場した。

   視聴者の間では、万引きをした主婦の夫が放った「モラハラ言動」に注目が集まっている。

  • 「イチケイのカラス」公式サイトより
    「イチケイのカラス」公式サイトより
  • 「イチケイのカラス」公式サイトより

「俺ずーっと騙されてた」妻を突き放す夫

   ドラマは、竹野内さん演じる型破りのクセ者刑事裁判官・入間みちおと、俳優の黒木華さん演じる堅物のエリート裁判官・坂間千鶴が繰り広げるリーガルエンターテインメント。

   原作は浅見理都さんによる同名コミックで、性格も価値観も事件へのアプローチもすべて真逆だという2人が数々の難事件の裏に隠された真実を明らかにしていくというストーリーだ。

   第8話では、万引き常習犯で執行猶予中の若い主婦・潮川恵子(真凛さん)が、小学校時代の恩師である年配主婦・山寺史絵(朝加真由美さん)の万引き現場に遭遇する。商品を返すよう迫った恵子だが、史絵が抵抗したことで2人はもみ合いに。

   結果、史絵は打撲傷2か所を伴う記憶障害をきたす大けがを負うが、傷害罪を疑われた恵子は「正当防衛のために軽く1発だけ」と無罪を主張。双方の意見の食い違いに、みちおたちが調べをすすめることになった。

   今回の事件より前に万引きをしていた恵子。そんな彼女には6歳になる娘がおり、商社マンの夫は海外単身赴任中。育児に加え、義母の介護の疲れから軽いうつ状態に陥り、いつしかストレスを解消するように万引きをするようになった。

   万引きを止めたくても自らの意思では止められない病気「クレプトマニア」であるとの診断がくだると、恵子の夫は離婚を切り出し

「俺ずーっと騙されてたんだよな。『大丈夫。育児も介護もちゃんとできる』(という恵子の言葉を)君の『大丈夫』は大丈夫じゃなかったんだよ。信じてたのに...」

と怒りを露わにする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中