2021年 6月 14日 (月)

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
ワクチン1回目を受けてきた 大規模接種センターの予約から接種終了までをお届けする

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   筆者は、2021年5月17日に自衛隊による新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの予約を取っている。その前週にワクチン接種券が届いており、地元のかかりつけ医に予約したがとれなかったので、自衛隊の大規模接種センターにネットで予約した。

   混雑しているかと思ったが意外とすんなり予約できた。予約の際、接種券に書かれている自治体コード、接種券番号、生年月日の入力と地元自治体で予約を取っていないことの確認だけの簡単な方法で予約する方式だ。

  • 東京・大手町にある自衛隊の大規模接種センター(写真:つのだよしお/アフロ)
    東京・大手町にある自衛隊の大規模接種センター(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 東京・大手町にある自衛隊の大規模接種センター(写真:つのだよしお/アフロ)

すべてで小一時間ほど

   25日に1回目のワクチン接種を行った。8時からの予約だったので、7時半に大手町の大規模接種センター会場に行った。入口で検温し正常体温だったので入場できた。

   はじめに持参した接種券を確認してもらった。その場で、色つきのクリアファイルを渡され、その中に接種券、予診票を入れた。筆者の場合、黄色のクリアファイルだったが、他に赤、緑、青の4色だった。色ごとに接種会場の階が異なっているようだった。クリアファイルの色と同じ矢印が廊下に描かれており、同じ色の順路を進む。途中で、接種会場の人数調整だと思うが、時間調整のために待機場所もあり、そこの椅子で小休止もあった。

   係員の指示通りに動き、予め書き込んだ予診票を看護師にチェックしてもらい、医師の簡単な質問に答える。医師からは、接種後15分待機をいわれ、その時間が書き込まれた紙をもらう。待機時間は人によって異なり、15分、30分、その他に分かれていた。ここまでで小休止を含めて30分程度だ。

   いよいよ看護師にワクチン接種をしてもらう。筆者の左腕に打ってもらったが、あっという間だった。筆者はこれまで毎年インフルエンザの予防接種を受けており、それとほぼ同じだ。その後、15分以上待機して、次の2回目の予約をとって終了だ。すべてで小一時間ほどだった。

   医師、看護師は極めてテキパキしていた。いつものことだが、筆者の副反応は何もでていない。

   大手町はビジネス街で普段は若いビジネスマンばかりだが、今は多くの高齢者が歩くという変わった風景になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中