2021年 6月 17日 (木)

深田恭子の「代役」誰が適任? 綾瀬はるか・石原さとみよりも有力な「年齢不詳女優」とは

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   俳優の深田恭子さん(38)の活動休止の余波が止まらない。突然の休養宣言にファンからは心配の声が相次いでいるが、その一方で、ドラマ・映画界に空いた穴を誰が埋めるのか、という点にも注目が集まっている。

   深田さんは1996年にデビューし、すでにそのキャリアは25年。また、近年では2019年、36歳の時に主演した「ルパンの娘」(フジテレビ系=2020年には続編)での主人公といった、「その年齢を感じさせない姿」で、「現実感に乏しい設定のドラマでもキャラがフィットする姿」が視聴者から絶賛を浴びていた。

   よって、彼女の代わりを務める俳優にとってカギとなる要素は、深田さんと同年代であり、かつ、年齢不詳であり、併せて、どこか現実感に乏しく、ファンタジー性をまとっている女性俳優ということになるだろう。ただ、そう考えると、意外と候補者が見当たらないという事実に気付く。

  • 深田恭子さん(2015年撮影)
    深田恭子さん(2015年撮影)
  • 安達祐実さんのブログから
    安達祐実さんのブログから
  • 深田恭子さん(2015年撮影)
  • 安達祐実さんのブログから

思いのほか少ない深田さんの代役候補

   深田さんが活動休止を発表した2021年5月26日以降、各メディアは深田さんが主演する予定だったフジテレビ系の7月期ドラマについて、代役やスケジュールについて調整中であると報道。その後、同ドラマの代役は俳優の比嘉愛美さんが務めることが29日に発表された。

   今回のドラマでは比嘉さんが抜擢されたが、そのほか、深田さんの代わりを務められるような俳優は誰がいるだろうか。

   まず、深田さんがホリプロ所属というところからして、同事務所に所属する他の女性俳優を考えてみよう。すると、年齢が近い所では綾瀬はるかさん(36)と石原さとみさん(34)がいることに気付くわけだが、この2人は深田さんの代役にはたり得ないのではないだろうか。

   というのも綾瀬さんは2018年放送の「義母と娘のブルース」(TBS系)で、その「義母ぶり」を絶賛されるなど、すでに母親役としての貫禄が出始めているほか、CMでは家電のCMに出演するなど、「生活」をイメージさせるキャラクターが確立しており、ミステリアスな雰囲気の強い深田さんとはキャラが全く違い、代役たり得ないだろう。

   また、石原さんは「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」「アンナチュラル」「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」といった「お仕事ドラマ」が多く、まさに「現実の存在そのもの」という印象が拭えないからだ。となると、ホリプロから代役は出てきそうにないといえる。

   となると、いよいよ「弾切れ」といった感じもしてくる。

   もう少し考えてみると、年齢も近く、白羽の矢が立ちそうな女性俳優に思いあたった。

   そう、安達祐実さん(39)である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中