2021年 6月 13日 (日)

ロングセラー菓子「小枝」が「小技」に 一体なぜ?森永製菓に理由を聞いた

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   小枝(こえだ)かと思ったら、小技(こわざ)だった――。

   森永製菓(東京都港区)が販売するロングセラー菓子「小枝」。近頃発売されている商品では、パッケージが「小技」になっているものがあると話題を呼んでいる。

   何かの間違いにも思えるが、どういうことなのか。森永製菓に取材した。

  • 「小技」になってしまった「小枝」が話題に
    「小技」になってしまった「小枝」が話題に
  • 上が「小枝」で下が「小技」です
    上が「小枝」で下が「小技」です
  • 「小技」になってしまった「小枝」が話題に
  • 上が「小枝」で下が「小技」です

「小技...だと...!!?」「頭おかしくなったかと思った」

   「小枝」は1971年に販売を開始。その名の通り、小枝のような見た目が特徴なクランチチョコレートで、今年で発売50周年を迎えたロングセラー商品だ。21年5月からは、同じ森永製菓のお菓子「チョコボール」や「ダース」などとコラボした商品を販売している。

   そんな中、このところツイッター上では気になる投稿が相次いでいる。5月からコンビニ限定で売られているアイス「小枝アイスバー」(税込み162円)のパッケージが、「小技アイスバー」になっていたというのだ。念のためだが、「枝」が「技」になっている、という違いである。

   実際に「小技」を目の当たりにしたとみられるユーザーからは「小技...だと...!!?」「頭おかしくなったかと思った」など驚く投稿が相次いだ。

   「枝」と「技」――。確かにパッと見ただけでは紛らわしいが、何かの間違いではないのだろうか。

   J-CASTニュース編集部は5月31日、都内のコンビニを訪れた。アイス売り場を物色していると、「小枝アイスバー」が積まれた一角を発見。目を凝らしてよく見ると、「小枝アイスバー」の中に「小技アイスバー」が数本ほど紛れ込んでいるのを確認できた。

   さっそく「小技アイスバー」をレジに持っていき、購入した。しかし、レシートに印字されていたのは「モリナガコエダアイスバーバニラ」。どうやら、違うのはパッケージだけで、商品名自体は変わっていないようだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中