2021年 6月 23日 (水)

「地獄みたいなお披露目でした」「今思い出しても吐きそう」 宮脇咲良が語るHKT時代の苦楽

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

    HKT48からの卒業を間近に控える宮脇咲良さん(23)が2021年6月2日深夜(3日未明)放送のラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」(bayfm)で、10年間にわたるアイドル生活を振り返っている。

   全3回に分けて振り返るといい、この日のテーマは「HKT48としての思い出」。11年にファンに初めてお披露目された際、すでにAKB48メンバーとして大人気で、宮脇さんと同じ鹿児島県出身の柏木由紀さん(29)から声をかけられたことを「一生の思い出」だと話した。ただ、宮脇さんはこの日、寝坊して大幅に遅刻。「地獄みたいなお披露目」で「今思い出しても吐きそう」なほどに苦い思い出でもあった。

  • HKT48の宮脇咲良さんにとって、2011年のお披露目イベントは苦い思い出だ。写真はデビューから2年が経とうとする13年8月撮影
    HKT48の宮脇咲良さんにとって、2011年のお披露目イベントは苦い思い出だ。写真はデビューから2年が経とうとする13年8月撮影
  • HKT48の宮脇咲良さんにとって、2011年のお披露目イベントは苦い思い出だ。写真はデビューから2年が経とうとする13年8月撮影

柏木由紀と話せて「一生の思い出です。こんな鮮明に覚えてるってすごいですよね」

   HKT48は11年6~7月にかけて1期生のオーディションを行い、10月23日に西武ドーム(埼玉県所沢市、現・メットライフドーム)で、メンバー21人が初めてファンの前でお披露目された。AKB48のシングル「フライングゲット」の握手会イベントの一環だ。

   すでにAKB48のメンバーとして活躍していた柏木さん、福岡県出身の篠田麻里子さん(35=13年卒業)、大分県出身の指原莉乃さん(28=19年卒業)から「ついに九州に48グループができたんだね」と声をかけられて、一緒に写真も撮ってもらったという。特に柏木さんは鹿児島ローカルの番組で特集されることも多かったといい、「本物」と対面できた感動を、しみじみと話した。

「『あっ、鹿児島の子だよね!』みたいに話しかけてもらって、一生の思い出です。こんな鮮明に覚えてるってすごいですよね。10年前なのに。ほんとに嬉しかったんですよね。懐かしいなー」

   さらに、FMの電波やラジコ(radiko)で放送された後に音声ファイルとして公開される「インターネットラジオ」では、お披露目が苦い思い出だったことも語った。宮脇さんはこの時、寝坊して大幅に遅刻。今でも忘れられない失敗談だ。

「だってマジでやばかったです。なんか、『がっつり』な遅刻。10分とかじゃなくて30分ぐらい遅れたのかな?ちゃんと目覚ましもかけてたのに、誰かにすっごいたたき起こされて、ぱって見たらマネジャ-さんが目の前に立ってるんですよ。女性の方ですよ。『えっ?なんでいるの?』みたいになって『今、何時か分かる?』って言われて、その時、やっぱり(正規メンバーに昇格する前の段階の)研究生だし、まだお披露目もされていない人間なので、すっごい怒られて...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中