2021年 6月 24日 (木)

「五輪、普通はない」尾身氏発言の波紋 野党は賛同も...政府は聞く耳持たず?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

尾身氏は「解任覚悟」との見方も

   一般紙の政治部記者は「今まで尾身会長も我慢してきたが、さすがに今の状況で五輪を強行することを見過ごせなかったんでしょう」と見る。

「政府にとっては耳の痛い話だが、分科会の会長として解任を覚悟して発言したのだと思う。ただ政府はこのまま五輪開催に突き進むでしょうね。今中止を決断したら菅政権は倒れてしまう。
自民党の議員から反対の声が上がらないのも、にらまれるのが怖いから。五輪開催という実績を作ることばかり考えて、国民の安全、安心は二の次ですよ」

    9都道府県に発令されている緊急事態宣言が今月20日まで再延期され、五輪開催に反発の声が高まっている。政府は説明責任を果たしているとは思えない。このままでいいのだろうか。

(中町顕吾)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中