2021年 6月 21日 (月)

え、あれって「フタ止めシール」だったの...? カップヌードル廃止発表にまさかの反応

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   日清食品は2021年6月4日、「カップヌードル」に付属する「フタ止めシール」を廃止し、シールがなくてもフタが止められる「Wタブ」を採用すると発表した。

   ツイッターでは「画期的!」「手間が省ける」と好意的な受け止めが広がっている。一方で、意外にも目立ったのが、シールの存在や用途を「そもそも知らなかった」という声だ。

  • 割っていない割り箸でカップヌードルのフタを押さえる方法
    割っていない割り箸でカップヌードルのフタを押さえる方法
  • フォークを刺してフタを押さえる方法
    フォークを刺してフタを押さえる方法
  • 割っていない割り箸でカップヌードルのフタを押さえる方法
  • フォークを刺してフタを押さえる方法

「無くなるのは寂しいけど...」

   カップヌードルのフタ止めシールは1984年に導入。カップにお湯を入れた後、フタが開かないよう押さえるためのものだ。シールはカップヌードルの底に貼りついており、それをはがして使うことになる。

   21年6月3日午前11時30分、カップヌードルの公式ツイッターはフタ止めシールの画像とともに「さようなら、全てのフタ止めシール。#西暦2021年6月4日11時発表」と投稿。突然の知らせに、ツイッター上では「嘘だと言ってくれ......」「シールなしで...これから一体どうやって止めればいいんだっ...!」とショックの声が広がった。

   そして一夜明けた4日。日清食品はカップヌードルの「フタ止めシール」の廃止と、シールいらずでフタを止められる、開け口を2つに増やした新形状のフタ「Wタブ」を採用すると発表した。

   シール廃止により、プラスチック原料の使用量を年間で33トン削減できるという。対象はレギュラーサイズのカップヌードルで、6月から順次、新形状のフタに切り替える。カップヌードルの発売50周年を機に実施するものだ。

   カップヌードル公式ツイッターが4日に投稿した動画によれば、「Wタブ」を開けると、フタの裏側に猫のイラストが現れる仕掛けのようだ。ツイッター上では「画期的!」「手間が省ける」「(シールが)無くなるのは寂しいけど、猫かわいいな」「こっちのほうが便利でかわいい」と好意的な声が多く集まった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中