2021年 6月 23日 (水)

200人規模BBQで大量ゴミ放置...参加DJ釈明「豪雨で撤収終わらず」 県「先手の動きしないとダメ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   埼玉県川越市内の入間川河川敷で200人規模の音楽イベントを行ったグループが、バーベキュー後に大量のゴミなどを放置し、インターネット上で騒ぎになった。ゴミなどは、イベント開催側が清掃業者を呼んで2日後に回収した。

   当日参加したDJのブログ内容などからゴミ放置が分かり、このDJは、「豪雨ですぐに回収できなかった」などと釈明した。河川敷を管理する県は、「天気を予測して、先手の動きをしないとダメ」だと指摘している。

  • 大量に放置されたゴミなど(写真は、しもしも@stdxxsEDYRwfr9jさん提供)
    大量に放置されたゴミなど(写真は、しもしも@stdxxsEDYRwfr9jさん提供)
  • イスなども放置されていた(写真は、しもしも@stdxxsEDYRwfr9jさん提供)
    イスなども放置されていた(写真は、しもしも@stdxxsEDYRwfr9jさん提供)
  • 大量に放置されたゴミなど(写真は、しもしも@stdxxsEDYRwfr9jさん提供)
  • イスなども放置されていた(写真は、しもしも@stdxxsEDYRwfr9jさん提供)

参加DJは「不法投棄ではない」と強調

   工事などに使われる赤いパイロンがいくつか置かれた中で、ゴミが入った多数のビニール袋や段ボール箱、バーベキュー用のコンロやイスまで放置されている。

   これらの写真は、2021年5月31日にツイッターで投稿された。場所は、入間川にかかる八瀬大橋の下で、ゴミの多さに注目が集まり、4000件以上もリツイートされるほど波紋が広がった。

   そして、この日のうちに、前日30日にダンス音楽を流すレイブと呼ばれる音楽イベントを大音量を出して行ったグループではないかと指摘された。このグループに参加した50代のDJ男性が、自らのブログやSNSにイベントの写真をいくつか投稿しており(後に一部削除)、その写真にあるバーベキューコンロの形などから特定が進んだ。

   すると、このDJは6月1日のブログで、バーベキューの終了時に危険なレベルの集中豪雨があって撤収が終わらず、DJとは別にいる主催者が同日中に清掃業者を手配して回収すると説明した。そのうえで、不法投棄ではないと強調した。

   とはいえ、イベント翌日の5月31日には、グループは、ゴミなどの回収に現れず、県の川越県土整備事務所の職員やボランティアの人たちが片づけをした。ボランティアに加わったという人は、ツイッターで、ゴミは2トントラック1杯分にもなったと報告していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中