2021年 6月 19日 (土)

「投手コーチは疑問を感じないのか」 巨人・原監督が固執する「マシンガン継投」に懸念の声

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の巨人は2021年6月8日、京セラドームでオリックスと対戦し3-3で引き分けた。

   巨人は先発・今村信貴(27)が5回3安打無失点で試合を作り、6回から継投に入った。2点リードの8回に6番手・中川皓太(27)がオリックス打線につかまり3失点。9回に同点に追いつくも、巨人は球団史上最多の9投手をつぎ込んで痛恨のドローに終わった。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

球団史上最多「投手リレー」もむなしく...

   2点リードで迎えた8回、セットアッパー中川が炎上した。

   1死後、モヤ(29)を四球で歩かせると続く安達了一(33)にレフト前に運ばれ1、3塁のピンチに。ここでこの日1軍に復帰したばかりのジョーンズ(35)にタイムリーを許し1点を献上。紅林弘太郎(19)をショートフライに打ち取り2死とするも、その後連続タイムリーを浴び計3点を失い降板した。

   中川に代わって8回2死1、2塁の場面でマウンドに上がった7番手・桜井俊貴(27)は、宗佑磨(25)を四球で歩かせ、1死も取れずわずか9球で降板。その後、戸根千明(28)が8番手として登場し、吉田正尚(27)をサードフライに打ち取り2死満塁のピンチを切り抜けた。

   3-3の同点で迎えた最終9回は、ビエイラ(28)がマウンドを託された。先発の今村から数えてこの日、巨人が起用した9人目の投手で、延長を含めて球団史上最多となる「投手リレー」となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中