2021年 7月 28日 (水)

ゴミも散乱、悪質「焚き逃げ」に怒り 市の注意看板も効果なく...見かねた市民が清掃活動

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   埼玉県飯能市にある天覧山の山頂で、一部の登山客による迷惑行為が続いている。

   禁止されている焚火を山頂で行い、その後片づけもせず去っていく客がいる、というのだ。いわゆる「焚き逃げ」と呼ばれる行為で、悪質なマナー違反とされる。一方で、そうした状況を見かねて、ボランティアで焚火跡の清掃を行う動きも続いている。

   J-CASTニュースは、焚火跡を発見して清掃活動を行った北島瑞規さんと市の担当者に取材した。

  • 禁止されている焚火を山頂で行い、その後片づけもせず去っていく客がいる(写真は、清掃活動を行った北島瑞規さん提供)
    禁止されている焚火を山頂で行い、その後片づけもせず去っていく客がいる(写真は、清掃活動を行った北島瑞規さん提供)
  • ごみも散乱していた(写真は、清掃活動を行った北島瑞規さん提供)
    ごみも散乱していた(写真は、清掃活動を行った北島瑞規さん提供)
  • 看板は幾度も投棄されている(写真は、埼玉県飯能市提供)
    看板は幾度も投棄されている(写真は、埼玉県飯能市提供)
  • 禁止されている焚火を山頂で行い、その後片づけもせず去っていく客がいる(写真は、清掃活動を行った北島瑞規さん提供)
  • ごみも散乱していた(写真は、清掃活動を行った北島瑞規さん提供)
  • 看板は幾度も投棄されている(写真は、埼玉県飯能市提供)

「ヤマノススメ」ファンが清掃活動

   北島さんは2021年6月13日朝、体力づくりのために天覧山に登っていた。「縦走」という連なった複数の山を数日かけ踏破する登山を行うために、時間に余裕がある時に訪れているのだという。この日もその習慣で山頂まで訪れたところ、焚火の跡とその周囲に散乱するゴミを発見した。

「飯能市の天覧山。前にもこういうのあって、深夜立ち入り禁止の張り紙されたばかりなのに、これだよ。トレーニングで多峯主山まで行こうと思ったけど、一旦戻って掃除用具取りいくか。後で市役所にも連絡だな」

   北島さんは同日のツイッターにこう記し、家から掃除道具を持ち出してきた。清掃活動には、北島さんの知人たちも加わり、鎮火を確認後、周囲のごみなども分別し処分した。

   北島さんによれば、手伝ってくれたのは、飯能市を舞台にした漫画・アニメ作品「ヤマノススメ」を通して知り合った仲間たちだという。

「この日も、掃除用具を取りに戻るとき、交差点でたまたま会ったり、わざわざ連絡してきたり、皆快く協力してくれて、それだけ飯能市を愛している方々です」

   「ヤマノススメ」は女子高生による登山をテーマにした作品で、2011年9月からウェブマンガ誌「コミック アース・スター」で連載されている。13年から18年にかけては同作を基にしたアニメも放送された。

   天覧山は、主人公たちが作中で最初に登る山であるとして、「ヤマノススメ」ファンたちの間でも思い入れのある場所だった。

   北島さんは、同作がきっかけで飯能市や登山に惹かれ、同市に移住してきたのだという。

   同じように作品を通して飯能市に惹かれたファンたちは、以前から不定期で市内の清掃活動を行っていたそうで、北島さんはこの経験があったからこそ、今回もスムーズに清掃活動に取り組めたのではないかと話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中