2021年 7月 26日 (月)

朝倉未来の「タップせず失神」論争 格闘家の解説に「納得」の声続々

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   総合格闘家の扇久保博正選手(34)が2021年6月17日、格闘技イベント「RIZIN28」でクレベル・コイケ選手(31)と戦い、三角締めで失神KO負けした朝倉未来選手(28)について「朝倉選手は逃げようとしていたんだと思う」などと持論を展開した。この試合では、朝倉選手が「タップしなかった」ことについて賛否の声があがっていた。

  • 朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)
    朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)
  • 朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)

「朝倉選手も完全に入っていたんでしょうけど......逃げようとしていたんだと思う」

   扇久保選手は「RIZIN28 朝倉未来vsクレベルコイケ タップ問題について」と題した動画をユーチューブで公開し、13日に行われた試合をめぐる論争に持論を展開した。

   各メディアによれば、朝倉選手は試合前に「タップをしない」旨の発言をしていたという。実際に試合でもタップせず失神KO負けを喫した。

   朝倉選手の一連の行為には「簡単にギブアップしない姿がかっこいい」という賞賛の声もあれば、「無茶な試合続行は命の危険を伴う行為であり、避けるべき」と疑問視する声もある。

   スタッフにことのあらましを聞いた扇久保選手は、「何が問題なんですかね?」と考え込み、「スパーリングや試合で三角締めを食らった場合、一瞬ではタップしない。じわじわ効いてくる技」として現役選手ならではの視点で解説した。

「チョークだと入った瞬間にもうダメだとタップする。三角締めだと、入ってもまだ大丈夫、逃げられる、という感じ」

   朝倉選手も同じように、三角締めを決められた時点では意識があり、起死回生のチャンスを狙っていたのではと語った。

「僕が思うには、多分朝倉選手も完全に(技が)入っていたんでしょうけど、まだ逃げられると思っていたと思うんですよ」

   実際に三角締めで失神したことがあるという扇久保選手は、このように朝倉選手の状況を推察していた。

「僕も三角締めで落ちたことがある。まだ大丈夫だと思ってたら、気付いたらもう(失神して)みんなに起こされていたってパターン。実際どうだったかは本人しか分からないが、朝倉選手は逃げようとしていたんだと思う」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中