2021年 8月 4日 (水)

動画編集が当たり前の時代に?AdobeテレビCMに驚き 「プロ向けソフト」の裾野拡大、コロナ禍も後押し

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「テレビCMを観て驚いているのは、僕だけでしょうか?」「動画編集が一部の限られた人のスキルではなくなってるんだなぁ......としみじみ」

   ソフトウェア大手・米アドビ日本法人が、動画編集ソフト「Premiere Pro(プレミアプロ)」の初となるテレビCMを出稿した。

   「プレミア」は映像のプロフェッショナル向けの製品だけに、マス(大衆)に向けての訴求に驚いた人は少なくなかったようだ。SNSでは上記のような反応が相次いでいる。

   同社はJ-CASTニュースの取材に「動画編集のニーズが広がってきている」と話す。

  • CMの一シーン
    CMの一シーン
  • CMの一シーン

エヴァ映画でも使われたソフト

   アドビは「できちゃう、思い通りの動画」をキーワードに、テレビCMを2021年5月中旬から放送した。俳優で人気ユーチューバーの顔も持つ仲里依紗さん(31)を起用し、プレミアを通じた動画編集の魅力を訴求した。

   プレミアは1991年から販売し、「プロ向け」のソフトとして知られる。テレビ番組やCMなど映像編集の現場で重宝され、21年3月公開の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』でも使われた。

Premiere Pro公式サイトより
Premiere Pro公式サイトより

   利用者層が明確なため、同製品の宣伝はターゲティングが容易なデジタル広告が中心だった。テレビCMは今回が初となる。

   アドビマーケティング本部常務執行役員/シニアディレクターの里村明洋さんは取材に、出稿の経緯を次のように話す。

「昨今、動画編集の分野でニーズが広がってきていると感じています。インターネットの通信スピードが遅かった時代はネット上で動画をやりとりするのが難しかったですが、昨年から5G(高速通信規格)が始まるなど、近年は動画の投稿量が飛躍的に増加しています。

それに伴って、ネットへの投稿のために動画を編集する人も増えてきています。ユーチューブやニコニコ動画を筆頭に、ソーシャルメディア向けに作られる方が増えており、我々のターゲットもプロの方だけでなくセミプロの方にも広げなくてはいけないとの意識がありました。

そうした方々の接触しているメディアを調べたところ、ネットだけでなくテレビも観ていることが調査でわかり、テレビCMを出稿しました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中