2021年 8月 2日 (月)

「青天を衝け」ディーン・フジオカの五代友厚「再演」にファン期待大 朝ドラより「強くて腹黒くて」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」の第19話が、2021年6月20日に放送され、俳優のディーン・フジオカさん演じる薩摩藩士の五代才助(友厚)が再登場し、大きな反響があがっている。

  • ディーン・フジオカさん(写真:Top Photo/アフロ)
    ディーン・フジオカさん(写真:Top Photo/アフロ)
  • ディーン・フジオカさん(写真:Top Photo/アフロ)

勘定役として頭角を現す栄一

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一(吉沢さん)で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   五代才助といえば、2015年度後期の朝ドラ「あさが来た」で主人公・あさ(波瑠さん)が「永遠に追い付かれない人」と尊敬している実業家。ビジネス面でもプライベート面でもあさを支える紳士な役ぶりに「五代様」という愛称で視聴者からの人気を集め、志半ばで逝去した際には「五代ロス」に陥る人が続出した。

   「青天を衝け」第19話「勘定組頭 渋沢篤太夫」では、一橋家の勘定役として、財政の管理を任された栄一。同じクオリティーの木綿でも、売る場所や売り方などで売価を上乗せできると気が付き、幼いころから家業で鍛えた商才を発揮する。見事、一橋家の財布を豊かにし、徳川慶喜(草彅剛さん)からも絶大な信頼を得る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中