2021年 8月 4日 (水)

「なぜうちの地元はこれなんだ」 スタバ「47都道府県フラペチーノ」に首かしげる人たち

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   スターバックスコーヒージャパン(東京都品川区)は2021年6月23日、日本上陸25周年を記念した商品「47JIMOTOフラペチーノ」を30日から発売すると発表した。47都道府県ごとに、それぞれ異なるフレーバーのフラペチーノを展開する。

   各地域らしさをイメージしたフレーバーには、青森の「りんご」、沖縄の「ちんすこう」など、名物グルメが使われるケースが目立つ。ただ、中には「なぜうちの地元はこれなんだ?」など、その地域のフレーバーがイメージと結びつかない、という声も聞かれている。

  • スターバックス「47JIMOTOフラペチーノ」に首をかしげる人たち(ニュースリリースより)
    スターバックス「47JIMOTOフラペチーノ」に首をかしげる人たち(ニュースリリースより)
  • 「47JIMOTOフラペチーノ」一覧
    「47JIMOTOフラペチーノ」一覧
  • スターバックス「47JIMOTOフラペチーノ」に首をかしげる人たち(ニュースリリースより)
  • 「47JIMOTOフラペチーノ」一覧

「全都道府県飲みたい」「夏休みはスタバ巡り」

   「47JIMOTOフラペチーノ」は各都道府県にあるスターバックスのパートナー(従業員)がアイデアを出し合い誕生。各都道府県の店舗で、それぞれ対応する1種を用意した。販売期間は8月3日までだが、なくなり次第終了となる。

   6月23日にラインアップが発表された。目立ったのは、その土地ゆかりのグルメを使うケースだ。たとえば北海道なら「とうきび」を使った「とうきびクリーミーフラペチーノ」、青森県ならリンゴのシロップを使った「じゃわめくりんごストロベリーフラペチーノ」といった具合だ。いずれも地域の特産品として知られる。

   また、宮城県の「だっちゃ ずんだ抹茶フラペチーノ」、長崎県の「カステラコーヒーやん!クリームフラペチーノ」、沖縄県の「かりーちんすこうバニラキャラメル フラペチーノ」など名物お菓子を使ったものも。石川県の「いいじ棒ほうじ茶フラペチーノ」、福岡県の「八女茶やけんフラペチーノ」など、その土地ならではのお茶を使ったフレーバーもある。

   ラインアップが発表されると、ツイッター上では「スターバックス」「フラペチーノ」などがトレンド入りし、大きな話題に。「ずんだ抹茶フラペチーノめっちゃ飲みたい」「ちんすこうがめちゃくちゃに気になります」など各県のメニューに対する関心の声が聞かれたほか、「全都道府県飲みたい」「夏休みはスタバ巡り」と意欲を示す人もいた。

   一方で、一部ではこんな声も聞かれている。

「なぜうちの地元はこれなんだ?」
「なんでその味なのか全然ピンとこないな」

   自分が住む地域で販売されるフレーバーが、その地域の持つイメージとなかなか結びつかない、という指摘だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中