2021年 7月 26日 (月)

大谷翔平は「振る舞いも超一流」「子供たちの良い手本」 審判への紳士的対応に称賛相次ぐ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(26)の振る舞いにネットで称賛の声が相次いでいる。

   エンゼルスは2021年6月23日(日本時間24日)、本拠地エンゼル・スタジアムでジャイアンツと対戦し、大谷は「2番・投手」で先発出場。大谷は投手として6回を投げて6安打1失点9奪三振と力投するも白星付かず。打者としては3打数無安打に終わった。

  • 大谷翔平投手(2017年撮影)
    大谷翔平投手(2017年撮影)
  • 大谷翔平投手(2017年撮影)

紳士的な振る舞いに「子供たちの良い手本」

   「二刀流」選手として投打にわたって全米の野球ファンから注目を集める大谷だが、この日はプレー以外の「振る舞い」が話題を呼んだ。

   大谷が2回の投球を終えてベンチに戻る途中に審判団による粘着物質検査を受けた。大谷は帽子とグローブを差し出し、ベルトに手をやりながら審判団に笑顔で対応。4回に再び粘着物質検査を受けたが、これにも嫌な顔一つ見せずにまたも笑顔で応じた。

   このような大谷の紳士的な「振る舞い」にネットでは称賛の声が相次いだ。

   日本のツイッターユーザーからは「大谷選手は振る舞いも超一流」「日本の誇りです」「心が洗われました」「子供たちの良い手本」などの声が上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中