2021年 7月 31日 (土)

「味だけで勝負して結果を出してやる」 バイトAKB出身24歳店主・梅澤愛優香が突き進むラーメン道

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アルバイト契約でアイドルグループ「AKB48」として活動していた「バイトAKB」出身で、古都・鎌倉につけ麺店をオープンさせた女性が、ツイッターで話題になっている。

   24歳にして、手がけるラーメン店は、現在3店舗というから驚きだ。元アイドルとして運営する中で、誹謗中傷に晒されたこともあったという。

  • インタビューに応じる梅澤愛優香さん
    インタビューに応じる梅澤愛優香さん
  • 「中華蕎麦 沙羅善(さらぜん)」のつけ麺
    「中華蕎麦 沙羅善(さらぜん)」のつけ麺
  • 「中華蕎麦 沙羅善(さらぜん)」の店構え
    「中華蕎麦 沙羅善(さらぜん)」の店構え
  • 梅澤愛優香さんは店主をつとめる
    梅澤愛優香さんは店主をつとめる
  • アイドル時代の梅澤愛優香さん
    アイドル時代の梅澤愛優香さん
  • インタビューに応じる梅澤愛優香さん
  • 「中華蕎麦 沙羅善(さらぜん)」のつけ麺
  • 「中華蕎麦 沙羅善(さらぜん)」の店構え
  • 梅澤愛優香さんは店主をつとめる
  • アイドル時代の梅澤愛優香さん

今までにないラーメン店を作りたくて

   梅雨の晴れ間も出た2021年6月18日午後、高級感ある重厚な御屋敷のような店の暖簾をくぐると、すぐに帳場にいる割烹着姿の女性と目が合った。

   すぐにこの人が、つけ麺店「中華蕎麦 沙羅善(さらぜん)」店主の梅澤愛優香(まゆか)さんだと分かった。瞳が輝いており、優美なオーラを感じたからだ。一見華やかそうで明るい感じの印象を受けたが、物静かでおしとやかな感じもした。

   店は、JR北鎌倉駅から南へ歩いて10分ほどの古刹・建長寺の門前にある。凝った和づくりの店で、「濃厚豚骨魚介つけめん」が税込1200円から。早速、自慢のつけ麺を出してもらうと、今まで味わったことがない創作料理風の味に驚く。

   千葉県松戸市内にあるつけ麺の有名店「中華蕎麦 とみ田」に触発されたといい、似ている部分もあるが、食べた瞬間に梅澤さんならではのものだと感じた。食後に、梅澤さんにラーメンへの思いなどを聞いた。

――梅澤さんは、ご著書『ラーメン女王への道』(さくら舎)の中で、料理好きの母親の影響を受けて、小さいころから台所で様々なものを調理してきたと書いていましたが、なぜ20歳の頃にラーメン店を始めようと思ったのかお聞かせ下さい。

梅澤:食べ物の中でも、小さい頃からラーメンが大好きで、自分で作ってみたらどうなるんだろうという興味本位から家で作り始めて、いつしか自分で作ったラーメンを食べてほしいと思ったのがお店をやりたいというきっかけでした。
高校2年からアイドル時代も掛け持ちで惣菜屋さんでアルバイトをしていましたが、初めの店を4年前に20歳で始めるまで、毎日のように料理の勉強も兼ねて働いていました。
徐々にエスカレートしていくラーメン作りが家のキッチンでは収まらなくなってきたので、高校卒業から一年半年後に「いっそのこと店を借りて開業しちゃおう!」と決め、地元の神奈川県大和市の高座渋谷で物件探しを始めていました。一店舗目は好きな味噌ラーメンを看板とした「麺匠 八雲(めんしょうやぐも)」というお店を開店させました。それから1年後には東京葛飾区堀切に二店舗目となる「麺匠 八雲(めんしょうやぐも)」 を開店、本店開店からさらに2年後には、今までにない感動を生むラーメン店を作ろうと鎌倉に「中華蕎麦 沙羅善」を開店させました。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中