2021年 7月 31日 (土)

ドネア「統一戦」キャンセル→井上尚弥への影響は? 識者「リゴンドー絡めば面白い展開に」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

    ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(38)=フィリピン=が2021年6月30日にSNSで、王座統一戦をキャンセルしたと報告した。

    ドネアは、8月14日(日本時間15日)に米カリフォルニア州でWBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(31)=フィリピン=と戦う予定だった。

  • 井上尚弥選手(編集部撮影)
    井上尚弥選手(編集部撮影)
  • 井上尚弥選手(編集部撮影)

試合キャンセル要因にカシメロ陣営の不手際

    当初カシメロは8月14日にWBA世界バンタム級レギュラー王者ギジェルモ・リゴンドー(40)=キューバ=との対戦を予定していた。ところが6月20日に急きょ対戦相手がドネアに変更となり、フィリピン人同士による王座統一戦が決まった。

    WBC、WBO王座は、4団体の王座統一を目指すWBA、IBF王者・井上尚弥(28)=大橋=が狙っているだけに日本のファンの注目を集めていたが、ドネアは30日午前にツイッターで声明文を発表。「I STAND」とのタイトルで「VADA(ボランティア・アンチドーピング協会)への書類提出が5日間遅れたため、この試合をキャンセルした」とカシメロ陣営の不手際を指摘し、直接の原因について言及した。

    ドネアが試合キャンセルの意志を表明したことで、井上の今後にどのような影響を及ぼすのか。J-CASTニュース編集部は協栄ジムの金平桂一郎会長(55)に世界バンタム級の今後の展望を聞いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中