2021年 8月 2日 (月)

白鵬は「全く余裕がなかった」 白星スタートも露呈した不安...NHK解説陣が厳しい指摘

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大相撲名古屋場所は2021年7月4日、ドルフィンズアリーナで初日を行い、進退をかけて臨む横綱白鵬(36)=宮城野=が、新小結・明生(25)=立浪=を掛け投げで下し白星スタートを切った。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

北の富士氏「相当不安は大きくなったね」

   白鵬は立ち合い、右を張って右上手を取った。胸を合わせての左四つ。明生に寄られながらも押し返し、土俵際で投げを打った。左足を明生の右足に掛けての下手投げ。両者土俵に崩れ落ち、明生の体が先に土俵に付いて軍配は白鵬に。勝利の瞬間、白鵬は眉間に力を込め厳しい表情を見せた。

   3月に手術を受けた右膝に不安を抱えたまま本場所に臨んだ。この日は右膝と右肘にサポーターをして土俵に上がった。不安と緊張の中で迎えた場所初日。万全の相撲で復活をアピールしたかったところだが、相撲内容は決して盤石ではなかった。

   この日、NHKの大相撲中継で解説を務めた元横綱の北の富士氏と舞の海氏は、白鵬の相撲についてそろって不安を指摘した。

   北の富士氏は「勝ったのは良かったけどね」と前置きし、「相当不安は大きくなったね、明日から。がっぷり四つですよ。あの投げでぐらいついて、かろうじて打ち返して勝ったけど、あの形になったら相撲にならないはず、本来は。ホッとするどころか明日からの相撲が心配だ」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中