2021年 7月 28日 (水)

「好きなゲームを教えてほしい」 任天堂株主総会でまさかの質問、重役たちの答えは...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   好きなゲームを教えて――。

   2021年6月29日に行われた、任天堂(京都市)の株主総会。「想定為替レート」や社の将来像に関する質問が飛び交った質疑応答で、ある株主が、こんな問いを投げかけた。

   まさかの質問に、任天堂の重役たちが出した答えは...

  • 「好きなゲームを教えて」任天堂経営陣の答えは?(画像はイメージ)
    「好きなゲームを教えて」任天堂経営陣の答えは?(画像はイメージ)
  • 「好きなゲームを教えて」任天堂経営陣の答えは?(画像はイメージ)

「各取締役候補者の人となりを知るためにも...」

   6月29日10時から任天堂本社で開かれた第81期定時株主総会。同会をもって任期満了となる5人の取締役と、増員する社外取締役1人の計6人について、取締役就任を決めるための会議が行われた。

   総会の質疑応答(以下、任天堂資料より)では「業績予想における為替レートの前提」や、新たな社外取締役候補者、クリス・メレダンドリ氏(米映画会社「イルミネーション」創業者)を迎えることで「任天堂の将来にどのような影響があるか」などの質問が飛んだ。

   そうした中、ある株主は「任天堂の要職に就く方はゲーム制作の技術がなかったとしても、せめてゲーム好きであってほしい」「各取締役候補者の人となりを知るため」との理由から、こう質問した。

「好きなゲームを教えてほしい」

   それまでとは打って変わった質問。古川俊太郎代表取締役社長は「私は中学生のころ『スーパーマリオブラザーズ』(1985)が発売された、まさにど真ん中のファミコン世代です。今でもプライベートでは、自社他社問わずさまざまなゲームを遊んでいます」と答え、「本件については、各候補者からできる範囲で回答させていただきます」。

   ここから、取締役候補者たちのゲーム愛がさく裂する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中