2021年 8月 4日 (水)

デンベレ差別発言を謝罪も「逆ギレ」と収まらず 批判と異なる「差別コメント」の日本語投稿も

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   サッカー・フランス代表のFWアントワーヌ・グリーズマンとFWウスマン・デンベレは、過去に日本滞在中に撮影された差別的発言を含む動画について、2021年7月5日、自身のSNSを通じて謝罪した。

   2人の謝罪内容もまた物議を醸し、日本のツイッター上では「開き直り」「謝るどころか逆ギレしてる」と批判が集まっている。その一方で、デンベレのインスタグラムには批判とは異なる、明らかな「差別的投稿」も相次いでいる。

  • 右からウスマン・デンベレ、アントワーヌ・グリーズマン(写真:AFP/アフロ)
    右からウスマン・デンベレ、アントワーヌ・グリーズマン(写真:AFP/アフロ)
  • デンベレの謝罪文(インスタグラムより)
    デンベレの謝罪文(インスタグラムより)
  • グリーズマンの謝罪文(ツイッターより)
    グリーズマンの謝罪文(ツイッターより)
  • 右からウスマン・デンベレ、アントワーヌ・グリーズマン(写真:AFP/アフロ)
  • デンベレの謝罪文(インスタグラムより)
  • グリーズマンの謝罪文(ツイッターより)

フランスメディアも批判

   グリーズマンとデンベレはフランス代表の中心的選手。ともにFCバルセロナ(スペイン)に所属する。19年7月にはクラブの日本ツアーで来日していた。

   問題になっているのは、その来日時にホテルの一室で撮られた40秒ほどの動画。2人はサッカーのテレビゲームをするため、ホテルのスタッフにセッティングを任せていた。しかし、デンベレはセッティング中のスタッフを前に、フランス語で「醜い面」「ひどい言葉だ」などと発言。グリーズマンはデンベレの隣で、終始笑みを浮かべていた。

   この動画が21年7月2日にインターネット上で拡散され、「日本人差別ではないか」と批判を集めた。3日には日本のウェブメディアが動画の内容を相次いで報じた。4日にはフランスで最も歴史のある日刊紙「フィガロ」電子版が動画を取り上げ、「人種差別的な発言」「悪い冗談を言いながら、スタッフの出自を公然と馬鹿にし、不快なカメラズームと太い笑い声を繰り返している」(編集部訳)と批判した。

   そうした中、5日夜にデンベレとグリーズマンは自身のSNSを通じ、騒動を謝罪した。

   デンベレはインスタグラムのストーリー機能を通じてメッセージを投稿した。動画での発言は「プライベートで、友人との間で、相手がどこの国の人であろうと使う傾向があります」と説明。動画はもともとプライベートで撮影されたとした上で、「このビデオが公開されたことで、そこに映っている人たちが傷つく可能性があることは十分に理解しています。だからこそ、彼らに深く謝罪したいのです」とした。

   グリーズマンはツイッターで、フランス語で次のような文章を投稿した。

「私は、どんな差別にも反対してきました。ここ数日、ある人たちが私をおとしめようとしています。私に対する非難には断固として反論し、日本の友人たちを怒らせてしまったならば申し訳ないと思っています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中