2021年 8月 2日 (月)

ロッキン中止に「無念」「いつか必ず」「ふざけんな」 参加アーティストの思い様々

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」(2021年8月7日~9日、14日、15日)の中止を受け、出演予定だったアーティストが相次いで胸の内を明かしている。

   来年の開催を見据え前を向くものや、フェス関係者への感謝を述べるもの、現状への違和感や「憤り」を伝えるものなど、そのメッセージはさまざまだ。

  • 「ロッキン」中止に入り混じる思い(ロックインジャパンフェス公式サイトより)
    「ロッキン」中止に入り混じる思い(ロックインジャパンフェス公式サイトより)
  • 「ロッキン」中止に入り混じる思い(ロックインジャパンフェス公式サイトより)

「私たちにできることはほとんどありませんでした」

   ROCK IN JAPAN FESTIVAL(通称:ロッキン)は国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)で毎年おこなわれる日本最大級のロックフェス。音楽系出版社「ロッキング・オン」の企画制作により2000年にスタートし、音楽ファンの「夏の風物詩」として愛されてきた。

   2020年は新型コロナウイルスの影響により中止に。今夏は2年ぶりの開催を予定し、チケットなども販売されていた。しかし、開催1か月前の7月7日、急遽中止が発表された。

   公式サイトに掲載された、フェスの総合プロデューサー、ロッキング・オンの渋谷陽一社長の文書によると、7月2日に茨城県医師会の代表者がフェス主催者である茨城放送本社に来社。「今後の感染拡大状況に応じて、開催の中止または延期を検討すること」「仮に開催する場合であっても、更なる入場制限措置等を講ずるとともに、観客の会場外での行動を含む感染防止対策に万全を期すこと」の2点を求める要望書が手渡されたという。

   今回の「ロッキン」ではステージと前方エリアにおける参加者の距離、飲食エリアでの着席のルールなどの感染対策を「1年以上かけて議論、検討してきた」としつつ、医師会の求める条件のもとで開催することは難しいと判断。「フェス開催1ヶ月前という、ほぼスキーム変更が困難なタイミングでの要請であった為に、私たちにできることはほとんどありませんでした」と開催断念を決めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中