2021年 7月 27日 (火)

徳光和夫、マスコミの「大谷びいき」に苦言 過熱報道に「ちょっとどうなのかなと...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

    フリーアナウンサーの徳光和夫氏が、メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(27)を巡る報道に疑問を投げかけた。

  • 大谷翔平投手(2017年撮影)
    大谷翔平投手(2017年撮影)
  • 大谷翔平投手(2017年撮影)

徳光氏「大谷がまさかまさかで見事に超えました」

    徳光氏は2021年7月10日、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(ニッポン放送)に出演し、国内メディアの大谷報道の在り方に持論を展開した。

    番組では、大谷が7月7日(日本時間8日)のレッドソックス戦で32号本塁打を放ち、松井秀喜氏が持っていた31号の日本人シーズン最多記録を塗り替えたことを話題に上げた。

    徳光氏は「明るい話題としましては大谷翔平選手が32号ソロを放ちまして、大したもんだね。彼はアメリカでもスターになってますね。2004年に松井秀喜選手が記録しました日本人シーズン最多本塁打記録31本、僕は、これは更新できないんじゃないかなと思っていなんですけども、大谷がまさかまさかで見事に超えました」と記録更新を絶賛した。

    また、大谷の記録更新に松井氏が寄せた喜びのコメントを紹介しつつ、話題は大谷の活躍を報じる国内メディアを巡るものに移った。

    徳光氏は「ニュースの伝え方を見ておりますと、オリンピックよりも前にまず大谷選手のホームランを伝えますよね」と切り出し、次のように持論を展開した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中