2021年 7月 28日 (水)

「バブル方式」すでに崩壊?五輪関係者「プレーブック違反」報道 バッハ会長「報告届いていない」、丸川大臣「早急な改善を」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京五輪・パラリンピックで新型コロナの感染対策として導入される「バブル方式」を巡る報道に波紋が広がっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

ルール違反者は参加資格のはく奪や国外退去の強制措置も

   NHKは2021年7月14日放送の「おはよう日本」で、東京五輪・パラリンピックで、関係者が外部との接触を避ける「バブル方式」について報じた。「五輪『バブル方式』どう守る?」のタイトルでコーナーが設けられ、記者による海外五輪関係者への取材映像を放送した。

   コーナーの冒頭では、ウイルスの感染防止に必要なルールがまとめられ、選手、メディア関係者などに向けて作成された「プレーブック」について説明。メディア関係者向けは60ページ以上もあり、日本に滞在中の行動に関してルールが定められているという。

   メディア関係者向け「プレーブック」では、入国後14日間は公共交通機関を使用できず、競技会場やあらかじめ提出した用務先しか行けないことになっているという。これに違反した場合は、参加資格のはく奪や国外退去の強制措置もありうるとしている。

   番組では、大会期間中に各国放送局の拠点となる東京・江東区にある国際放送センター(IBC)近くで取材した映像を放送した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中